会社を辞める人の心理 (動画編)

新卒社員は3年で会社を辞める人が多い、という話は有名です。

ここ20年、入社3年以内で離職する大卒者は3割を超えているというデータもあります。

ただし、大企業に限れば1割未満。



終身雇用が崩壊している昨今、入社3年で離職する人がいても不思議ではありませんが、「3割は多いなぁ…」という印象です。

そこで今日は、会社を離職する社員の心理についてわかりやすく解説します。



ごく一般的に考えて、会社を離職するということは、会社に不満があるからだと思います。「人間関係」「給与」「福利厚生」「キャリア形成」「ミスマッチ」など、

様々な原因が考えられます。



また、新卒入社や転職の際、会社の評判サイトを参考にする人が増えています。

悪評が多く書かれているのならば、その会社を選ばなければいいわけですが、

そうとばかりは言えないのが今という時代です。

悪評が多いわけではないのに、入社しない方が良い会社も存在します。



昔は、会社に不満がある人が3年で辞めることが多く、会社の雰囲気に合わない、

学生気分が抜けない、社会人としての生活に馴染めないという人もいました。

また、いざ入社してみたら、見るとやるのでは大違いで、

そもそもやりたい仕事ではなかった、ということもあります。

実は、会社にとってこのような人たちは早く離職してくれた方がいいのです…。



最近、人事コンサルタントへの相談は、

「若手がすぐに辞める」という悩みが多いそうです。

ですが、今までのように会社に不満を持った社員が辞めるのではなく、

将来を有望視されている期待の若手が辞めることです。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:9回

最新記事

すべて表示