何かあったら連絡します…どう切り返す?(動画編)

「何かあったら連絡します」。よく聞くフレーズです。

もし、あなたが営業マンならば、心当たりがあるはずです。これは体のいい断り文句です。そこで今日は、商談に於ける断り文句についてわかりやすく解説します。



商談で提案をして、見積りを提出します。相手の反応は「検討してご連絡します」。

よくある反応です。ですが、待てど暮らせど連絡はきません。上司からは、「この案件は見積りを提出しているが、いつ決まるんだ?」と発破をかけられます。ですが返答はいつも「今、検討中です」。



なぜ、このようなことが起こるのかといえば、見積りを提出しただけで、検討期限を設けているわけでもなく、その後、確認しているわけでもないからです。ですから、「今、検討中です」としか答えられないのです。見積りを提出して数ヶ月も経っているのに、検討中なんてことはありません。相手はとっくに忘れています。これが現実です。



このようなケースは日常茶飯事です。

原因は、営業マンが検討期限を設けないうえに、検討結果を確認しないからです。つまり、営業マンのせいでおのようなことが起こるのです…。



基本的なことですが、これができない企業や営業マンは山のようにいます。

ということは白黒つかない案件が山のようにあり、時間と共に忘れ去っていくというのが本当のところです。商談時間が無駄になるということです。



これに似たフレーズに冒頭紹介した「何かあったら連絡します」があります。このフレーズを使うシーンは、自社の業務内容などを伝える挨拶程度の商談の最後です。顧客が「何かあったら連絡します」と言い、営業マンは「よろしくお願いいたします」と、お辞儀をして商談は終わります。社交辞令のようなものですが、連絡がくることはありません。断言できます。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示