何気なくやっているリスケジュールで信用ガタガタ!(動画編)

更新日:7月17日

「リスケ」という言葉があります。

リスケとはリスケジュールの略で「スケジュールを変更する」「計画を組み直す」 などの意味で使われる言葉です。 一般的に、計画や日時を変更するときに「予定を調整する」という意味で用いられます。

このリスケですが、信用も信頼もガタガタになる可能性を孕んでいます。


そこで今日は、危険なリスケについてわかりやすく解説します。



「来週のミーティングですが、予定が入ってしまったので、 リスケお願いしていいですか?」。 あなたもこのような経験があると思います。 もちろん、頼まれたことも頼んだことも…。


私も、どちらも経験がありますが、一度約束した予定を変更するのは好きではないので、 なるべくリスケがないようにしています。



理由は、リスケを直前にした依頼した場合、相手はその時間が空き時間となります。 つまり、相手の大切な時間を奪うことになります。 また、リスケは相手にスケジュール調整するための時間を使わせます。 もちろん、あなたもスケジュール調整の時間を使います。

このように、リスケは百害あって一利なしだといっても過言ではありません…。



特に、会社の顔である営業パーソンからのリスケ依頼は要注意です。 というのは、大型案件の商談が飛び込んできたという可能性が大だからです。 それ以外の理由も考えられますが、いずれにせよ、ほかの顧客の都合で あなたとの約束がリスケされるのです。


続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

モチベーションの高い組織づくりの第一歩!(動画編)

経営者であれば、モチベーションの高い組織づくりは、 経営課題に必ずランクインしています。 結局、社員のやる気やモチベーションが業績を左右するといっても過言ではないからです。そこで今日は、モチベーションの高い組織を作る第一歩をわかりやすく解説します。 今から25年前、私はある酒造メーカーの社長に手紙を書きました。 この企業が開発したある日本酒がとても美味しく、すっかりファンになったからです。 その思