卵が先か鶏が先か?人材採用…(動画編)

最終更新: 2020年5月8日

創業したての頃は、経営者1人または数人の従業員で事業を営む場合がほとんどでしょう。 運転資金も限りがありますし、これから事業をスタートさせるということもあり、売上予測などさしてあてになりません。 本当のところは、やってみないとわからないからです。 順調に業績が伸びていけば、必ず人材を採用しなくてはいけなくなります。 既存の従業員だけでは手が回らなくなってくるからです。 このような状態を長く続けていると、従業員も疲弊してきますし、ストレスも溜まってきます。その結果、辞めていく社員も多くなるでしょう。 一般的に仕事のキャパは、社長と従業員では大きく異なります。 そもそも社長は自ら創業したわけですから、会社のためならば時間を気にせずにいくらでも働けます。ところが、従業員はそうはいきません。 人材が不足するということは、従業員数に対して仕事量が多過ぎるのか、それとも仕事の効率化が図れていないかのどちらかです。 続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。  https://www.linkagemic.com/mailmagazine ●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。  https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1

9回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヴァン・ヘイレンから学ぶ契約の極意(動画編)

昨年、ロックバンド「ヴァン・ヘイレン (Van Halen) 」のギタリスト、 エドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなりました。 エドワード・ヴァン・ヘイレンといえば、ロックギタリストに多大な影響を与えた タッピング(ライトハンド奏法)を広く普及させたことでも知られています。 また、アルバムは、アメリカで5,650万枚以上、全世界で8,000万枚以上を 売り上げています。 そのヴァン・ヘイレン、契約

新規顧客開拓2つの考え方!(動画編)

企業は、新規顧客を獲得する活動を止めて、 しばらく経過すると既存顧客も徐々に減少してきます。 どんなに付き合いが深い既存顧客も、 同業他社から強烈にセールスされればスイッチ(乗り換え)してしまうからです。 ですから、新規顧客の獲得を積極的に行わなければいけないのです。 そこで今日は、新顧客獲得の2つの考え方をわかりやすく解説します。 先日、新しいコンサルテイングメニューのランディングページの企画と