top of page

商品開発にオリジナリティは必要ない(動画編)

ここ数年、商品開発の仕事をするうえで、大いに気にしていることがあります。

それは、「オリジナリティ」です。そこで今日は、オリジナリティについてわかりやすく解説します。



かつて日本企業が開発した商品は、オリジナリティがない、個性がないと欧米企業から言われていました。それはいまでもそう大きく変わりないと思いますが、ポツリポツリとオリジナリティのある商品を開発する企業が登場しています。しかし、iPhoneをはじめとしたApple製品のような独自の世界観を構築している日本企業は稀です。また、Amazonのような独自のビジネスモデルとシステムを構築している日本企業も稀です。



このように日本企業は、オリジナリティという観点では、世界のトップ企業とまだまだ差があるのが現実です。



冒頭お伝えした私が気にしているオリジナリティとは、AppleやAmazonとは大きく違います。商品開発にはオリジナリティが必要だということではなく、むしろオリジナリティはなくてもいいということなのです。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:1回

最新記事

すべて表示

コロナ禍でオンラインコミュニケーションは、ごく一般的になりましたが、いまだにオンラインでは伝わらないと言っている人がいます。そこで今日は、オンラインで伝える技術をわかりやすく解説します。 最近つくづく思うことは、リアルコミュニケーションが一番伝わることは確かだということです。しかし、いまだにオンラインは伝わらないということを前提にコミュニケーションしている人がいるという事実です。時代は変わりました

bottom of page