商品開発のコツとは?これが王道です!

最終更新: 2020年2月5日

商品開発において、「ニーズ」をいかにしてキャッチするのかは一番大切なことです。 ニーズとはひとことで言えば、「困りごと」です。 そして、その困りごとを解決するような商品やサービスを提供すれば、ヒットする可能性が大きいということなのです。 理屈は非常に簡単なのですが、理屈通りにことが運ばないのがビジネスであり、商品開発のおもしろさでもあります。 困りごとに対する解決策のわかりやすい事例として、あなたはお腹が痛くなったとします。 その解決策としては、「ドラッグストアで腹痛の薬を買う」「医者で診察してもらう」などが考えられます。 このように考えると、商品やサービスを購入することのほとんどは、困りごとの解決が目的だということに気づくと思います。 世の中、どれだけ便利になっても、困りごとがなくなることはまず考えられません。

つまり、困りごとを解決する視点での商品開発は、時代を超えて王道なのです。 とは言っても、困りごとをリサーチするのも一苦労です。 試しに、テーマを決めて家族や友達に困りごとを聞いてみてください。

たとえば、フォークについての困りごとを聞いてください。あなたも少し考えてみてください。 残念ながら私は、すぐに思いつくことができませんでした。 滅多にフォークを使う機会がないから尚更です。 では、毎日使う「箸」の困りごとを聞かれても、ポンポンと思い浮かぶわけではありません。 毎日使うから、それが当たり前になっているので、かえって思い浮かばないのかもしれませんね。 このような視点で、あらゆるモノやシーンの困りごを探してみると、商品開発のヒントがあるかもしれません。

困りごとには様々な種類がありますが、「本当はやりたくはないが、やらなくてはいけない」という困りごとを解決してやる商品やサービスを開発できるのであれば、ヒットする可能性は大です。 理由は、悩みが深いからです。

では、「本当はやりたくはないが、やらなくてはいけない」というものは何でしょうか? たとえば、「トイレットペーパー」や「洗剤」です。 トイレットペーパーや洗剤を好き好んで購入している人はいません。 できることならば、買いたくないというのが本音です。 理由は、生産性がないからです。

つまり、マイナスをゼロに戻す商品だからです。 「汚れたから、しかたなく洗剤を購入する」というのが、洗剤の購入理由です。

もし、水洗いだけで食器の汚れが落ちる商品があれば、大ヒットするでしょう。 それは、特殊な水かもしれませんし、特殊なティッシュペーパーかもしれません。 洗剤よりもコストがかからず、労力もかからず、さらに清潔であれば、きっと売れるでしょう。 食器洗い革命になります。 「本当はやりたくはないが、やらなくてはいけない」というシーンは、まだまだあります。 たとえば、人によっては家族に提供する料理もそのようなカテゴリーに入ります。 コンビニやスーパーの惣菜やお弁当でも代用はできますが、料理をサボっているような 罪悪感があるそうです。

そこで登場したのが、半調理食品の「生から惣菜」です。 スーパーの精肉売場などで販売されており、半分調理してあり、電子レンジでチンをすると完成します。 そして、皿に盛り付けると、なかなか本格的な料理になります。 味も美味しいと評判のようです。

これは「本当はやりたくはないが、やらなくてはいけない」という困りごとと、どうせやるなら本格的な料理のようになったらいいなぁというウォンツが組み合わされたものです。

●企業の夢と挑戦を支援して業績アップを実現する  株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。    https://www.linkagemic.com/mailmagazine

●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。          https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


最新記事

すべて表示

新規事業に進出するためのポイントとは?(動画編)

人間が行動するには、「動機」が必要です。 たとえば、「コンプレックスを跳ね返したい…」「アイツを見返してやりたい…」「夢を実現したい…」など、動機は様々です。 そこで今日は、人間が行動するための原動力になる動機について、わかりやすく解説します。 アメリカの成功者たちへのアンケート調査を読んだことがあります。 彼らが成功した理由のベスト3は、「病気」「倒産」「失恋」でした。 すべて、ネガティブな

人間は理屈ではなく、感情で商品を買う!(動画編)

よく「人間は理屈ではなく感情で買う」と言われます。 どんなにこの商品が良いと機能性のことを訴求されても、なかなか心は動きません。 ですが「先着3名様限りです」と言われると、買った方がいいかもしれないと思うのが人間です。 そこで今日は、感情と購買の関係をわかりやすく解説します。 私たちの思考、感情、行動の95%は無意識のうちに行っているといわれています。 ということは、自分の意思とは関係のないと

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン