商品開発のコツとは?これが王道です!(動画編)

商品開発において、「ニーズ」をいかにしてキャッチするのかは一番大切なことです。

ニーズとはひとことで言えば、「困りごと」です。

そして、その困りごとを解決するような商品やサービスを提供すれば、ヒットする可能性が大きいということなのです。


理屈は非常に簡単なのですが、理屈通りにことが運ばないのがビジネスであり、商品開発のおもしろさでもあります。


困りごとに対する解決策のわかりやすい事例として、あなたはお腹が痛くなったとします。

その解決策としては、「ドラッグストアで腹痛の薬を買う」「医者で診察してもらう」などが考えられます。

このように考えると、商品やサービスを購入することのほとんどは、困りごとの解決が目的だということに気づくと思います。

世の中、どれだけ便利になっても、困りごとがなくなることはまず考えられません。


つまり、困りごとを解決する視点での商品開発は、時代を超えて王道なのです。


とは言っても、困りごとをリサーチするのも一苦労です。

試しに、テーマを決めて家族や友達に困りごとを聞いてみてください。


たとえば・・・ 続きは動画をご覧ください。

●企業の夢と挑戦を支援して業績アップを実現する

 株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。  

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine

●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。        

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヴァン・ヘイレンから学ぶ契約の極意(動画編)

昨年、ロックバンド「ヴァン・ヘイレン (Van Halen) 」のギタリスト、 エドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなりました。 エドワード・ヴァン・ヘイレンといえば、ロックギタリストに多大な影響を与えた タッピング(ライトハンド奏法)を広く普及させたことでも知られています。 また、アルバムは、アメリカで5,650万枚以上、全世界で8,000万枚以上を 売り上げています。 そのヴァン・ヘイレン、契約

新規顧客開拓2つの考え方!(動画編)

企業は、新規顧客を獲得する活動を止めて、 しばらく経過すると既存顧客も徐々に減少してきます。 どんなに付き合いが深い既存顧客も、 同業他社から強烈にセールスされればスイッチ(乗り換え)してしまうからです。 ですから、新規顧客の獲得を積極的に行わなければいけないのです。 そこで今日は、新顧客獲得の2つの考え方をわかりやすく解説します。 先日、新しいコンサルテイングメニューのランディングページの企画と