top of page

営業マンの必需品「性格新聞」


営業活動の情報提供やSNSの情報発信活動をやっていれば、コンテンツがなくて困ることがある。また、コンテンツのマンネリもよくあることだ。そこで今日は、意外な情報発信についてわかりやすく解説する。



営業マンが見込客に、ニュースレターを配布するのは珍しくはない。

また、気の利く営業マンであれば、自身のニュースレターを作成して配布している人もいないわけではない。しかし、発行頻度にもよるが、長い間継続していれば相手に飽きられることもある。当然、作成している本人が飽きることもある。私も経験した。そこで、コンテンツのネタはないかと、ネットで検索するがなかなか気の利いたものは見当たらない。



先日、おもしろいものを発見した。

それは「性格新聞」と呼ばれるものだ。簡単に説明すると、自分はどのような性格なのか、詳細が書かれている新聞だ。性格新聞を作成するサイトがあり、いくつかの質問に答えるとあなたの性格について書かれた新聞が完成する。



もちろん、無料で利用できる。参考までに私の性格新聞は…

========================================

謙虚で明るい人柄の裏に「ギラつきを秘めている」との指摘も

========================================

という大見出しだ。



さらに、「性格を動物で例えるならヤギ」という小見出しが…。



適職に関しては、1位は「ウェブデザイナー」、2位は「オカルト研究家・フリライター・家電量販店スタッフ」。絶対に目指していけない職業は、「宇宙飛行士・人権活動家・アナウンサー」と書かれている。



文字で必死に伝えようとしているが、恐らく伝わりにくいだろう。

性格新聞の画像を見てほしい。なかなか笑えるし、話のネタになる。



この「性格新聞」だが、遊びだけで使うのはもったいない。

そこで、性格新聞を営業マンの営業ツールとして使うことおすすめする。初訪(初めての訪問)で性格新聞を渡すのは悪ふざけが過ぎる場合もあるので、人間関係が構築されている既存顧客を対象に配布するといいだろう。



特に発注があって当たり前、マンネリになっているような既存顧客へ、営業マンから担当者に性格新聞を手渡す。営業マンとして飽きられないように、たまにはイレギュラーなことをやるのも必要だ。



ぜひ、自分の性格新聞を作成したいと思った人は、こちからから作成してください。

============================

■性格を記載した新聞を発行する性格新聞

============================


私は自分の性格新聞をFacebookとLinkedInへ投稿したが、なかなか好評だった。

「謙虚で明るい人柄の裏にギラつきを秘めている…」という、アンビバレントな見出しがいいというコメントが多かった。




●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:3回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page