因果関係が逆だから成功できない


因果関係を間違うと、何をやっても効果が出ません。

因果関係とは、二つの事柄が一方は原因、ほかの一方はその結果という繋がりのあることを言います。世間で言われている因果関係を分析してみると、因果関係を逆にした方が成果がでいるとものもあります。そこで今日は、因果関係についてわかりやすく解説します。



毎日ブログを更新したり、メールマガジンを発行している人を目の当たりにすると、「毎日ブログを更新したり、毎日メールマガジンを発行するネタがよくあるなぁ?!」という疑問を抱きます。



そこで、「どうしたら毎日できますか?」と質問をすると、意外な答えが返ってきます。

毎日ブログを更新したり、毎日メールマガジンを発行している人に質問をしたことがあります。「毎日、更新するからネタができるんだよ!」「毎日、発行するからネタを探すんだよ!」という回答でした。因果関係が真逆です。



私も週6回メールマガジンを発行しています。

それに加えて、毎日YouTubeに動画をアップしています。ネタは、いっぱいあります。

常日頃から、無意識のうちにネタを探すことが習慣になりました。ですから、毎日できるコツは、「毎日やるからネタを探す!」というのが本当のところです。



ネタがある時にメールマガジンを発行するという考え方では、きっと永遠に発行できないでしょう…。厳しいようですが、これが現実です。



先日、ある企業の経営者と商談をしていると、こんなことがありました。

提案を済まして、テストクロージングすると…、

=============================

大変、魅力的な提案なのですが、

今は人材不足で社内体制が整っていません。

ですから、導入は2~3年後を考えてます。

=============================



断り文句として、必ずベスト5に入る「時期尚早」ってやつです。

時期尚早の理由としては、「社内体制が整ってから」「人材を採用できたら」「利益が出た

ら」「今は忙しいので時間ができたら」などが、代表的なものです。



一見、まともな考えのように思われますが、これは大きな勘違いです!

私の経験から、社内体制が整うなんてことはまずありません。何年経っても、「社内体

制が整ってから」と言っているのがオチです。



また、人材が採用できても「スキルがない」とか、「能力が低いから」という理由で、できないと言っているでしょう。時間ができても、どうせほかの予定を入れます。ですから永遠に時間ができません。



このように、何だかんだときない理由を述べて、タイミングを逸してしまう経営者は必ずいますが、無理してでも導入してみると、たいていのことはできます。既成事実を作ってしまうことで、社内体制を本気で整えたり、本気で優秀な人材を採用する活動を始めたり、本気で時間を作るようになります。



因果関係が逆だと思う人もいるかもしれませんが…

==========================================

経営ができるようになってから、経営者になる人などいません。

==========================================

子育てができるようになってから、子作りに励む人もいません。

==========================================



経営者になったから、経営を勉強します。

子どもができたから、子育てを勉強するのです。新しい取り組みを導入する時も、この考え方と同じです。挑戦のない会社は成長しません。そして、可能性を拡大させるともできません。だから、チャンスも巡ってきません。




●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示