top of page

執着を捨て去り、今この瞬間に全力を!(動画編)

更新日:2020年6月20日

最近、忙しい日々が続いているので、どうにもコミュニケーションが雑になっているという自覚があります。

雑というのは、「報告・連絡・相談をしない…」「確認をせずに自己判断で物事を進めてしまう…」「コミュニケーションを取っているが集中できず、相手と食い違いがある…」など、なにかと支障をきたします。



働き方改革で、何かと生産性の向上、時短を強いられていると思います。

仕事量が今までと同じならば、効率化が実現されていなければ時短には繋がりません。

効率化だの、労働生産性だのと声高に言ったところで、こればかりは根性論ではどうにもなりません。

冷静に現在の業務を分析して、「効率化できる部分はないのか?」「本当に効率化しても、後々、支障ができないのか?」などを科学的に検討しなくてはいけません。



恐らくほとんどの中小企業は、「がんばれば効率化できる」程度のレベルで考えていると思われます。

ですが、そう簡単にはできないのが現実です。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

商談が上手くいく、上司からの質問とは?(動画編)

弊社は、クライアントの営業マンに同行して商談に同席する。 また、毎朝の社内で実施されるロープレにも同席する。同業コンサルタント曰く、そこまでやらなくても…と言う。しかし、コンサルタントが中途半端な関わりをすると成果は出ない。そこで今日は、同行営業、同行商談についてわかりやすく解説する。 ロープレは上手にできても、本番である商談ではなかなか上手くいかない営業マンは多い。練習と本番は違うし、相手がどう

Comments


bottom of page