執着を捨て去り、今この瞬間に全力を!(動画編)

最終更新: 2020年6月20日

最近、忙しい日々が続いているので、どうにもコミュニケーションが雑になっているという自覚があります。

雑というのは、「報告・連絡・相談をしない…」「確認をせずに自己判断で物事を進めてしまう…」「コミュニケーションを取っているが集中できず、相手と食い違いがある…」など、なにかと支障をきたします。



働き方改革で、何かと生産性の向上、時短を強いられていると思います。

仕事量が今までと同じならば、効率化が実現されていなければ時短には繋がりません。

効率化だの、労働生産性だのと声高に言ったところで、こればかりは根性論ではどうにもなりません。

冷静に現在の業務を分析して、「効率化できる部分はないのか?」「本当に効率化しても、後々、支障ができないのか?」などを科学的に検討しなくてはいけません。



恐らくほとんどの中小企業は、「がんばれば効率化できる」程度のレベルで考えていると思われます。

ですが、そう簡単にはできないのが現実です。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヴァン・ヘイレンから学ぶ契約の極意(動画編)

昨年、ロックバンド「ヴァン・ヘイレン (Van Halen) 」のギタリスト、 エドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなりました。 エドワード・ヴァン・ヘイレンといえば、ロックギタリストに多大な影響を与えた タッピング(ライトハンド奏法)を広く普及させたことでも知られています。 また、アルバムは、アメリカで5,650万枚以上、全世界で8,000万枚以上を 売り上げています。 そのヴァン・ヘイレン、契約

営業成績を伸ばす手っ取り早い方法!(動画編)

「営業力とは何か?」と、質問されて即座に答えられる人は稀でしょう。 そこで今日は、営業力についてわかりやすく解説します。 営業に関わらず仕事は何でもそうですが、「量」と「質」があります。 営業力とはズバリ「営業量×営業の質」です。 これに異論を唱える人はいないでしょう。 早い話が、営業量を増やせば営業成績は伸びます。 また、営業の質を上げれば、同じく営業成績は伸びます。 さらに、営業量と営業の質の