報道されない日本の現実は酷いものだった!(動画編)

日本人の仕事に対する意識調査を度々、紹介しています。外国との比較では、燦々たる結果です。特にエンゲージメントややる気に関しては、どの調査も最下位レベルです…。もうかつての日本とは違います。そこで今日は、報道されない日本の現実についてわかりやすく解説します。



経済に関しては様々な指標があり、様々な機関やメディアが独自の調査結果を発表しています。その中のひとつとして、アメリカの外交問題評議会が発行する「フォーリン・アフェアーズ(Foreign Affairs)」があります。フォーリン・アフェアーズは、外交や国際政治の専門誌です。イギリスの「エコノミスト」とならび大きな権威があることで有名です。



2021年10月13日、「なぜ誰も日本に投資しないのか」という記事が掲載されました。この記事は衝撃的な内容でした。「日本への海外からの直接投資の比率(対GDP)は、196ヶ国中で北朝鮮に次ぐ最下位である」というのです。



真偽の程はわかりませんが、権威ある専門誌が発表しているのを考慮すれば、まんざら嘘ではないと思われます。



それでは、記事を抜粋して紹介します。

まず、中国、インド、東欧の新市場経済圏など多くの国が、外国企業を積極的に誘致しているそうです。国の成長を促進するために、外国企業が国内に新しい施設を設立したり、国内企業を買収したりすることを奨励しているのです。これを「海外直接投資(FDI: Foreign

Direct Investment)」と呼ぶそうです。



FDIは、外国企業の新鮮なアイデアを自国の経済全体に波及させ、活性化させる目的で行われます。日本の場合、島国文化が影響しているのか、まったく消極的です。先進国や主要国の中で、消極的なのは日本だけなのです。



国連貿易開発会議(UNCTAD)は2019年でGDPに占める累積対内FDIの割合を196ヶ国でランキングした結果、日本は・・・



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:6回

最新記事

すべて表示