売れる売れないは、ターゲット設定で決まる!(動画編)

最終更新: 4月1日

度々取り上げている「ターゲット設定」ですが、伝わっているようで伝わっていないというのが本当のところです。 そもそも、ターゲットというのが曖昧な言葉で、ターゲットを絞り込もうと言われても、イメージがわかない人もいるようです。 そこで今日は、ターゲット設定の重大さをわかりやすく解説します。

あなたは、コーヒーを企画・製造する飲料メーカーです。 今までは、ただひたすら美味しいコーヒーを製造することに一生懸命でした。 ですが、なかなかヒットに結びつきません…。

そこで、販路を開拓の活動をはじめました。販路さえあれば、そこそこ売れるだろうと踏んだのです。

簡単に販路の開拓ができるのなら苦労しませんが、販路の開拓は大変に難しい仕事です。

というのも、販路といってもピンからキリまであります。 「コンビニ」「スーパーマーケット」「高級スーパー」「食材専門店」「百貨店」「セレクトショップ」「テレビショッピング」「ネットショップ」など、取り扱い商品も違えば、客層も違います。 もちろん、価格も違います。

これだけの販路があるのですから、「どこを狙いますか?」ということです。 これが決まらなければ、販路開拓どころではありません。

つまり、同じコーヒーでも販路の特徴により、コーヒーの味、価格、ネーミング、パッケージなどを変えなければいけないということです。 続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

新規顧客開拓2つの考え方!(動画編)

企業は、新規顧客を獲得する活動を止めて、 しばらく経過すると既存顧客も徐々に減少してきます。 どんなに付き合いが深い既存顧客も、 同業他社から強烈にセールスされればスイッチ(乗り換え)してしまうからです。 ですから、新規顧客の獲得を積極的に行わなければいけないのです。 そこで今日は、新顧客獲得の2つの考え方をわかりやすく解説します。 先日、新しいコンサルテイングメニューのランディングページの企画と