top of page

外国人観光客に人気のローソン!その理由とは?(動画編)

更新日:3月16日

何が話題になるかわからない。SNSが発達した昨今、意外なものが意外な人たちの間でバズることがある。特に外国人観光客だ。外国人観光客もようやくコロナ禍以前を超えたということでニュースになった。そこで今日は、外国人観光客が好きな日本のスポットについてわかりやすく解説する。



まずは、外国人観光客がコロナ禍以前に戻ってよかった。

日本政府観光局によると、2023年10月の訪日外国人客(インバウンド)が251万6500人となり、新型コロナウイルス感染拡大前の2019年10月(249万6568人)を0.8%上回ったと発表した。月別の訪日客数がコロナ前を超えるのは初めて。円安を追い風に急速な回復が鮮明となっている。



国・地域別では、韓国が63万1100人(2019年同月比3.2倍)、台湾が42万4800人(同2.7%増)で続いた。アジアや欧米の多くの国が、コロナ前の水準を大きく上回っている。ただ、コロナ前に首位だった中国は、8月に訪日団体旅行が解禁されたばかりで、3位の25万6300人(同64.9%減)にとどまった。東京電力福島第一原発の処理水放出を受け、日本への旅行を控える動きも影響しているとみられる。



訪日客の急回復の主な要因が円安だ。

2019年は1ドル=110円程度だったが、最近は150円前後で推移。訪日客にとっては商品やサービスの割安感が強まり、「訪れやすい国」となっているようだ。以上のように外国人観光客数が復活しはじめており、富士山近辺では「日本と言えば富士山」という外国人観光客で溢れているという。また、富士山近辺は観光スポットも多い。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓


●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:5回

Comments


bottom of page