失敗するのは◯◯するからは本当なのか?

あなたは、これまでの人生で何回失敗をしているでしょうか?  失敗の定義にもよりますが、ご自身でこれは失敗だと思うことで結構です。 ただし、ビジネスに限ります。 今から7~8年前のことになりますが、ある人の紹介で福祉関係の経営者からコンサルティング依頼がありました。 それまで弊社では取り組んだ事例が少ない業界だったのですが、お話をお伺いしてコンサルティングをやることにしました。

依頼内容は、集客や営業の話です。 これならば、お手伝いできると判断したからです。

打ち合わせを進めていき、コンサルティングのロードマップを立案しました。 そして、ツール制作のスケジュールとデザイナーも決めました。 その中で、弊社が担当する部分とデザイナーが担当する部分があったのですが、弊社が締め切り期日を勘違いしており、期日通りに納品できなかったのです。

これは、致命的なミスです。

クライアントからは、大変なお叱りを受けました。

そもそも付き合いが浅いので、一度人間関係が崩れてしまうとなかなか修復することはできません。 結局、その後、数回コンサルティング行ったのですが、契約を解除しました。 もちろん、それまで契約の解除など一度もなかったのですが、これがコンサルタント人生初の契約解除でした。 このほかにも、小さいミスや失敗を挙げればキリがないのですが、他人と比べて多いのか 少ないのかはまったくわかりません。

よく「失敗するのは、チャレンジしているからだ!」と言う人もいます。確かにその通りです。できるかできないかわからないことをやるから失敗するのです。 また、失敗しないことは簡単です。 何もチャレンジしなければ、絶対に失敗はありません。

このような格言やことわざは、失敗した時に私たちを勇気づけてくれます。 今までは、何の疑問もなく受け入れていたのですが、よくよく考えてみれば、これは間違いではないかと思うようになってきました。 なぜならば、失敗には「前向きな失敗」と「後ろ向きな失敗」があるからです。

前向きな失敗とは、前述したように果敢にチャレンジしたときの失敗です。 後ろ向きな失敗とは、「確認不足」「コミュニケーション不足」「思い込み」「調査不足」「感情による意思決定」などです。 つまり、怠慢なのです。

このように、失敗には2種類あります。 そして、その2類はまったく意味合いが異なります。 チャレンジとはまったく関係ない失敗もあるということです。

では、成功はどうでしょうか? 成功にも積極的なものと、後ろ向きなものがあるのでしょうか?  積極的な成功とは、自分で目標を決めて、自分で行動計画を立て、自分で行動して、目標を達成することです。

後ろ向きな成功とは、他人が目標を決めて、他人が行動計画を立て、自分が行動して、目標を達成することです。

自分が関わっているのは、行動のみです。

結果は同じく目標を達成しても、目標達成に至るまでのプロセスがまったく異なります。 前向きな成功は、最初から最後まで自分が関わっていことから自主性が発揮されています。 ですが、後ろ向きな成功は、自分の関わりが少ないので、これを続けると「やらされている」という意識が強くなってきます。 結果、目標達成が困難になります。 自分で目標を設定したり、行動計画を立てるのが苦手だという人もいます。

現在の会社組織は、上司または会社が立てた目標を、従業員が行動計画を立てて、 行動するという仕組みになっています。 これでいいのでしょうか?

●企業の夢と挑戦を支援して業績アップを実現する  株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。    https://www.linkagemic.com/mailmagazine

●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。        https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


2回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヴァン・ヘイレンから学ぶ契約の極意(動画編)

昨年、ロックバンド「ヴァン・ヘイレン (Van Halen) 」のギタリスト、 エドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなりました。 エドワード・ヴァン・ヘイレンといえば、ロックギタリストに多大な影響を与えた タッピング(ライトハンド奏法)を広く普及させたことでも知られています。 また、アルバムは、アメリカで5,650万枚以上、全世界で8,000万枚以上を 売り上げています。 そのヴァン・ヘイレン、契約

営業成績を伸ばす手っ取り早い方法!(動画編)

「営業力とは何か?」と、質問されて即座に答えられる人は稀でしょう。 そこで今日は、営業力についてわかりやすく解説します。 営業に関わらず仕事は何でもそうですが、「量」と「質」があります。 営業力とはズバリ「営業量×営業の質」です。 これに異論を唱える人はいないでしょう。 早い話が、営業量を増やせば営業成績は伸びます。 また、営業の質を上げれば、同じく営業成績は伸びます。 さらに、営業量と営業の質の