失敗する商品開発3つの罠(動画編)

企業活動のなかで、直接、売上と利益に関わるものは、「商品開発」と「営業」の2つです。それ以外の企業活動は、間接的なものとなります。そこで今日は、直接売上と利益を生む商品開発について失敗する3つの罠についてわかりやすく解説します。



営業部や商品開発部がある企業では、常に営業や商品開発のことだけを考えている専任者がいます。ですが、このような部署がない企業は売上が落ち込んだり、業績不振に陥ると、思い立ったように営業をしたり、商品開発を始めます。冒頭紹介したように、営業や商品開発は、直接、売上と利益を生む活動にも関わらず、毎日活動しないのは怠慢としか言いようがありません。



それでも構わないと思っているから、営業や商品開発を専門で行う部署がないのだと思いますが、企業活動としては健全ではありません…。



さて、商品開発はメーカーの仕事だと思っている人も多いと思いますが、卸売も、小売業も、サービス業も、すべての業種業態で必要なことです。というのも、商品やサービスがなければ、売上や利益を確保することができないからです。



ですから、卸売業や小売業ならば、どのような商品をどこから仕入ればいいのかを真剣に考える必要があります。弊社のようなコンサルタント会社でさえも、日々商品開発を行っています。意外かもしれませんが、ターゲットを絞り込んだ商品開発です。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示