学習の定着率を高める最高の方法とは?(動画編)

最終更新: 1月2日

私たちは、学習をしたり、技術を習得したりする際、どのような方法で行ったら、より早く、より確実に成果を出せるのかを重視します。 特に、小学生・中学生・高校生の子どもがいる両親ならば、どこの塾に通ったら成績が良くなるのか気になるところです。



そこで今日は、学習の定着率を高める最高の方法をわかりやすく解説します。



記憶力が得意な人もいますし、論理的に考えるのが得意な人もいます。 記憶力がものをいうのは歴史や地理、論理的に考える代表的なものは数学です。 人それぞれの勉強方法がありますが、私の場合、とにかくノートに書きまくって憶えていました。

学習の定着率に関するモデルで「ラーニングピラミッド」と呼ばれるものがあります。 学習定着率とは、覚えたい知識をどれだけ効率よく頭の中にインプットできるかを具体的な数値で表したものです。

ラーニングピラミッドは、1960年代初頭にメイン州ベセルにある国立訓練研究所の本部があるキャンパスで開発されましたが、当初の内部研究は失われています。

ラーニングピラミッドは、生徒が能動的になればなるほど学習の定着化を図れるとされています。 裏を返せば、生徒が受動的になればなるほど定着化しないということです…。 つまり、生徒が能動的なるような指導方法を採用すれば、学習の定着率が上がるということです。

ラーニングピラミッドは、7つのレベルがあります。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

中小企業は頭を使え!頭を使う方法とは?(動画編)

中小企業は大企業に比べて、資本力に劣ります。これは紛れもない事実です。 また、社員の能力も大企業に比べると劣ります(中小企業のみなさん、ごめんなさい)。 いずれにせよ、大企業よりは大変不利な状況の中、経営を行っていかなければいけません。 ここで大切なことが頭を使うことです。 そこで今日は、中小企業がどうしたら頭を使ってアイデアを出るのかをわかりやすく解説します。 創業社長ならば、創業時のことを思い

中小企業は情報発信を増やせ!それが業績アップの早道!(動画編)

大企業と中小企業の大きな違いのひとつに、情報発信があります。 情報発信といっても、多岐にわたります。 広告、宣伝、営業、広報、展示会などが代表的なものです。 大企業は毎日のように広報活動を行うことで、テレビ、新聞、雑誌などに取り上げられます。ところが、中小企業はそうはいきません。 そこで今日は、中小企業の情報発信について、わかりやすく解説します。 そもそも、なぜ中小企業の情報発信が少いのかといえば

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン