安く買ってしまうと二度と定価で買わない!(動画編)

起業や創業したての人や会社は「最初は信用も実績もないので、商品をできる限り安く提供して、まずは商品の良さをわかってもらう」と考えるようです。ですが、これが後々自分の首を締めることになります。ビジネスの難しいところです。そこで今日は、絶対にやってはいけない安売りについてわかりやすく解説します。



好き好んで安売りをする人はいません。できることならば定価で購入してほしいと願っています。これが本音です。ところが、自信のなさが安売りを助長してしまうのです。安売りは、誰でもができる一番簡単な販売促進策です。まだ会社員だった頃、上司に耳にタコができるほど言われました。



「いいか、割引や安売りは子どもでもできる。頭を使わないくてもいいからな!」と。本当にその通りだと、妙に納得したのを今でもよく憶えています。当時、量販店に勤めていたこともあり、値引きや割引が横行していました。この上司は有名百貨店から出向しているだけあって、簡単に割引や値引きを許しませんでした…。



一旦、割引や値引きをしてしまうと、顧客はその価格に慣れてしまいます。そして、定価では買わなくなります。閉店間近のスーパーでは、生鮮食品や惣菜の値引きが行われていますが、この値引き価格に慣れると定価で購入するのがバカバカしくなります。まさに、この心理です。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:4回

最新記事

すべて表示