山形のネーミングセンスが素晴らしい件!

先日、久しぶりに山形市に出張に行きました。

山形県で思い出すのが、商品名の素晴らしさです。

もしかしたら、山形県人も気づいていないかもしれませんが、

新潟県人の私から見ると目を見張るものがあります。



そこで今日は、山形県のネーミングセンスについてわかりやすく解説します。



山形といえば「十四代」という日本酒です。

日本酒好きには、幻の日本酒で知られています。

十四代は400年以上歴史のある高木酒造が蔵元で、

十四代のほかにも「朝日鷹」という銘柄のお酒もあります。



もう1年半以上前になりますが、山形で十四代を探していたら、

ある酒屋で朝日鷹ならあると言われ買ったことがあります。

朝日鷹も旨い酒です。



ネットで調べたら十四代は、安いもので2万円、高いもので十数万円…、

べらぼうに高値がついています。

高木酒造はホームページもありませんので、まさに幻です。

今どきホームページがないなんて考えられませんが、

これも値段を釣り上げる要素のひとつです。



十四代というネーミングですが変わっていますよね。

十四代の起源は1963年頃に遡ります。

当時、高木酒造の14代目だった高木辰五郎さんが、

日本酒の銘柄に使おうと商標登録の申請をしたそうです。



その商標とは、「十三代」「十四代」「十五代」「十六代」などです。

ですが、数字は商標登録できません。

なのに「十四代」だけが商標登録できたというのです。 何かの間違いだと思ったそうですが、恐らく人物名に間違えられたのではないか

ということです。



また、14代目の辰五郎さんは、高木酒造の門外不出の酒米「龍のおとし子」を

開発したことでも有名です。

すでに、お気づきの方もいらっしゃると思いますが、酒米に「龍のおとし子」

なんていう洒落たネーミングをつけるセンスに脱帽です。



実は、山形県の日本酒はおもしろい銘柄が数多くあります。

======================================

「くどき上手」「山川光男」「森のくまさん」「初孫」

「三十六人衆」「小嶋屋 無題」「つや姫なんどでも」

「龍龍龍龍」「秘めごと」「ひまわり娘」「なせば成る」

「天に月、地に山。」「冬のカノン」

======================================

おもしろいでしょう。



このほかにも、山形県の特産品はユニークなネーミングが盛りだくさんです。

さくらんぼの「佐藤錦」、洋梨の「ラ・フランス」、枝豆の「だだちゃ豆」。



ネーミングの話になると、BtoCのことだと思っている人も多いようですが、

それはとんでもない誤解です。

BtoBこそ、ネーミングに一工夫することが大切です。

BtoBでよくあるのは、商品を品番で呼ぶことです。



たとえば、「K-538A」。

夢も希望もありません。

また、事務的で冷たい印象を受けます。



特に取り扱い商品の多い、商社や卸売に多いようです。 

ですが、金型製造の企業でもこんなネーミングをつけているところがあります。

=====================================

「金型維新23」「金型新品キープ」「加工お助けマン」

=====================================

これだけでも随分と印象が代わります!



また、金属製試作品の製造を得意としている企業は一時、

試作品を3日間で製作する特急サービスを「試作特急サービス3DAY」、

昔の自動車などの部品を再生するサービスを「部品再生110番」

と名づけて訴求していました。



このように、自社の「技術」「ノウハウ」「サービス」にネーミングをつけることで、

顧客にも憶えてもらいやすくなりますし、何をやってくれるのかも一目瞭然です。



●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be



閲覧数:14回

最新記事

すべて表示

コロナ禍以降、社会のあらゆる価値観が大きく変わりました。 恐らく、100年後や300年後に今の時代を振り返ると、歴史上稀に見る大変革時代と形容されると思います。私たちは今後の人類史に於いて、重大な局面を生きていると言っても過言ではありません。もちろん、組織の役職における役割も大きく変化しています。そこで今日は、コロナ禍以降求められる能力についてわかりやすく解説します。 コロナ禍以前から、不確実性の