top of page

平均年収2200万円、3つの秘密とは?(動画編)

度々紹介している「株式会社キーエンス」。

大阪府大阪市東淀川区に本社を置く、自動制御機器、計測機器、情報機器、光学顕微鏡・電子顕微鏡などの開発および製造販売を行う企業だ。キーエンスを有名にしたのは、社員の平均年収。そこで今日はキーエンスの強さの秘密についてわかりやすく解説する。



キーエンスの営業利益率は脅威の55%超。

従業員1人当たりの営業利益は約4,800万円。競合であるオムロンの15倍、ファナックの2.2倍。そして、社員の平均年間給与は2022年3月期で2,183万円超。さらには、売上高は1兆円に満たないながらも、日本の時価総額ランキングで第3位に入るのがキーエンスだ。日本を代表する超優良企業だ。



日経ビジネス記者の西岡杏(にしおか・あんぬ)さんの著書「キーエンス解剖 最強企業のメカニズム」という書籍が売れている。Amazonでもベストセラーだ。この書籍を読むと、

キーエンスの商品が潜在ニーズを捉えているのもわかるが、何と言っても営業力が凄いことを再認識させられる。



目次を見ると「顧客を驚かせる会社 なぜそれを知っている?」「神出鬼没の営業パーソン」「異動のことまで把握」「顧客の要望を先回り」「猛烈な成長スピード 3年目で超一流に」「商談のレベルを引き上げる ロープレ1000本ノック」「アポは1日5件から1分単位で書き込む外報」「営業がうまいを可視化」「上司のハッピーコール」「潜在ニーズを引き出す「顧客取材力の源泉」など、目次を見るだけで読みたくなる。



本書から、キーエンスの営業が強い秘密を3つピックアップしてみた。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

効率と効果を最大化!究極の営業法とは?(動画編)

最近、つくづく感じることがある。 「こてこての昭和の営業=泥臭いアナログ営業」vs「スマートな令和の営業=効率的なデジタル営業」。このように営業の世界では、二項対立の図式が成り立つ。昭和と令和の営業対決ってところだ。そこで今日は、究極の営業法をわかりやすく解説する。 営業チームのある企業で、社歴が30年以上になると営業マンの年齢も幅広くなる。 弊社クライアントでは、20代から60代の営業マンが在籍

Comments


bottom of page