top of page

何気なくやっているリスケジュールで信用ガタガタ!

「リスケ」という言葉があります。

リスケとはリスケジュールの略で「スケジュールを変更する」「計画を組み直す」 などの意味で使われる言葉です。 一般的に、計画や日時を変更するときに「予定を調整する」という意味で用いられます。

このリスケですが、信用も信頼もガタガタになる可能性を孕んでいます。


そこで今日は、危険なリスケについてわかりやすく解説します。



「来週のミーティングですが、予定が入ってしまったので、 リスケお願いしていいですか?」。 あなたもこのような経験があると思います。 もちろん、頼まれたことも頼んだことも…。


私も、どちらも経験がありますが、一度約束した予定を変更するのは好きではないので、 なるべくリスケがないようにしています。



理由は、リスケを直前にした依頼した場合、相手はその時間が空き時間となります。 つまり、相手の大切な時間を奪うことになります。 また、リスケは相手にスケジュール調整するための時間を使わせます。 もちろん、あなたもスケジュール調整の時間を使います。

このように、リスケは百害あって一利なしだといっても過言ではありません…。



特に、会社の顔である営業パーソンからのリスケ依頼は要注意です。 というのは、大型案件の商談が飛び込んできたという可能性が大だからです。 それ以外の理由も考えられますが、いずれにせよ、ほかの顧客の都合で あなたとの約束がリスケされるのです。


もっとわかりやすく言えば、あなたとの取引額よりも、高額な取引額になりそうな商談が あるので、あなたとの商談は別の日にしましょうということです。

すべてがこの理由だけではありませんが、このような打算的な理由である場合もある ということです。



ほとんどのビジネスパーソンが大人の対応をしているので大事にはなりませんが、 本当の理由を知ったら怒りが込み上げてきます…。



リスケを依頼する際 「別件が入ってしまって、明日の商談を移動してもらえないでしょうか?」 「急な用事が入ってしまって、リスケお願いできますか?」 などのお願いをされます。

当たり前のようにこのようなことを言っていますが、これは大変おかしな現象です。



「別件が入ってしまった」「急な用事が入ってしまった」

という意味は、

「別件が勝手に入った」「急な用事が勝手に入った」

ということです。



別件だの、急な用事は

勝手には入りません。



つまり、リスケの理由を「別件」や「急な用事」のせいにして責任転嫁しているのです。 正確には、「別件を入れたので、リスケをお願いします」「急な用事を入れたので、リスケをお願いします」です。 暗に、あなたとのアポイントは、重要ではないよと言っているわけです…。



「営業パーソンだから、取引額が高額になりそうな商談を優先するのは当たり前だろう」 という人もいるでしょうが、人としてはどうなのでしょうか? 

もちろん、人の命に関わること「通夜、葬儀」「病気、入院」などの場合は、 しょうがないです。



日刊工業新聞の元新潟支局長だった故・大西勇さんは、 常々「先客優先(せんきゃくゆうせん)」と言っていました。

先客優先とは、先に予定を入れた人が優先で、事の大小でリスケをしてはいけない

ということです。

理由は、リスケは信用や信頼に大きく関わるからです。



1回ならまだしも、2回、3回もあると、あなたの信用や信頼は大きく揺らぎます。 これは、対顧客だけではなく、社内でも同様です。


社長が社員と一緒に行うミーティングや会議をリスケすることも多々あります。 社長は忙しいからリスケや欠席もあるでしょうが、社員からの信用や信頼は 失われていることだけは確かです。 ●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be


閲覧数:12回
bottom of page