年収の高い人がやっているあることとは?

年収の高い人は「何か特別なことをやっているのではないか」と思っている人がほとんどだと思います。 人と同じことをやっていたのでは、高い年収を得ることは不可能です…。 そこで今日は、年収の高い人がやっていることについて、わかりやすく解説します。

総務省の統計局統計調査部消費統計課が、全国9千世帯を対象にした「家計調査(2018年)」というデータが公表されています。 これを見ると、毎月の書籍購入費と年間収入に相関関係があることがわかります。

=======================================

●年収356万円迄の人の書籍購入費…月額約2000円

●年収356~498万円の人の書籍購入費…月額約2200円

●年収498~647万円の人の書籍購入費…月額約2500円

●年収647~861万円の人の書籍購入費…月額約3000円

●年収861万円以上の人の書籍購入費…月額約4500円

=======================================

つまり、年収が高くなると書籍購入費も徐々に上がるということなのです。 なぜ、年収と書籍購入費を関連づけたのかは不明ですが、相関関係にあることはは確かです。 年収と書籍購入費の関係を記したデータは、ほかにもあります。

雑誌「PRESIDENT(プレジデント)」が2012年に行った、2002人のビジネスマンを対象にしたネットアンケートによれば…

==========================

●月に4冊以上本を読む人

 …年収500万円ゾーンが17.0%

 …年収1500万円ゾーンが34.6%

==========================

これは、年収1500万円の人は年収500万円の人の約2倍、本を読む人が多いということです。 あくまでも月4冊以上という条件つきですが。

予想している以上に、開きがありました。

また、日本経済新聞社が2009年に実施した書籍購入費に関する調査では…

===================================

●年収400万円までのゾーン…月額平均1,914円

●年収800万円ゾーン…月額平均は2,910円

===================================

このように、年収が高い人は多くの本を読んでいることがわります。 年収が高いから本を読むのか、本を読むから年収が高くなるのか、どちらなのかわかりませんが、年収との関係ですのでやはりビジネス関係の本、またはビジネスに活かせる本を読んでいるのだと思われます。

仮に、情報収集であるとすれば、本である意味はあるのでしょうか? テレビ、新聞、ネット、書籍を比較すると、テレビとネットは受動的なので、今世の中でどのようなことが起こっているのか、タイムリーな情報を入手するのに適しています。 ですが、受動的故に誰でもが簡単に入手できます。

一方、ネットと書籍は能動的です。 こちらから探す必要がありますので、目的を持っているということです。 そうなるとネットでもいいような気もしますが、ネットと書籍を比べると情報の量と質は圧倒的に書籍の勝ちです。 また、ネットよりも紙媒体の書籍の方が記憶に定着するというデータもあります。 このようなことも関係しているのかもしれません。 ●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

人生は、いつ何が起こるか誰にもわからない…(動画編)

動物に「引退」という言葉はありませんが、人間には、「引退」とか「隠居」という言葉があります。 人生100年時代と言われて久しいですが、人間に引退は必要なのでしょうか? そこで今日は、人生100年時代をどう生きるのかをわかりやすく解説します。 ほんの30年前まで、会社員であれば60歳になると会社を退職して、年金暮らしがごく普通でした。 第一線を退き、悠々自適に老後を楽しむといった感じです…。 ところ

成功は必然なのか偶然なのか?(動画編)

成功者の多くは、自分の実力で成功したとは言いません。 むしろ「多くの人の支援や助けがあって、上手くいきました」とか、「たまたま、運が良かっただけです」など、必然よりも偶然で成功したような発言をする人が多いのです。 そこで今日は、成功は必然なのか偶然なのかをわかりやすく解説します。 このようなテーマで思い出す人物が二人います。 まずは、元大リーガーの「イチロー」です。入団当初は1軍と2軍を行った

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン