強い会社を創る究極の質問とは?(動画編)

最終更新: 2020年11月27日

もう10年以上前からコンサルティングの際、クライアントにお聞きする質問があります。

この質問をすると、大抵の経営者は考え込んでしまいます。 ですが、この質問を徹底的に考えることにより、強い会社を創ることができます。

そこで今日は、強い会社を創る究極の質問をわかりやすく解説します。

まずは、みなさんに質問です。

強い会社とは、どのような会社でしょうか? ネットで検索してみると…、ダイヤモンドオンラインでインターネット・ビジネス・フロンティア代表取締役の宇都雅史さんが、このような定義をしています。

「強い会社と、は、顧客と同じ視点を持ち、顧客が喜ぶ商品やサービスを淡々と提供し、当たり前のことを当たり前に実践する。時には新しい市場を創造し、また時には顧客にとっての新しい価値を創造する。その結果、顧客をはじめ取引先やマスコミから応援され、気がつけば自然に成長している…。このような企業こそ、本当に強い企業です。」と言っています。

私が考える強い企業とは、不況になっても、大恐慌が来ようと、社会環境に左右されないような企業を思い浮かべました。 実際、そのような会社は稀だと思いますが、簡単に環境に左右されていたのでは、たまったものではありません。

では、強い会社を創るには、どのような考え方をすればいいのでしょうか?

続きは、動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

新規顧客開拓2つの考え方!(動画編)

企業は、新規顧客を獲得する活動を止めて、 しばらく経過すると既存顧客も徐々に減少してきます。 どんなに付き合いが深い既存顧客も、 同業他社から強烈にセールスされればスイッチ(乗り換え)してしまうからです。 ですから、新規顧客の獲得を積極的に行わなければいけないのです。 そこで今日は、新顧客獲得の2つの考え方をわかりやすく解説します。 先日、新しいコンサルテイングメニューのランディングページの企画と