強みを生かしたのはいいけれど・・・(動画編)

あのドラッカーは言っています。 「何事かを成し遂げるのは、強みによってである。弱みによって何かを行うことはできない。できないことによって何かを行うことなど、到底できない」と。

当たり前過ぎて何の反論もありませんが、実際に強みを活かそうとすると様々な障がいが待っています。

経営者であれば、SWOT分析をやったことがあると思います。 SWOT分析は、自社の強みと弱み、外部環境の機会と脅威を列挙し、どのように対処していくかを考えるマトリクスです。


私は商売柄、クライアントに対して「御社の強みを教えてください」と質問する機会が数多くあります。 即答できる経営者は意外と少なく、ほとんどの経営者はしばらく考え込んでしまうのが現実です。 自社の強みを知らずに、よくビジネスをやっているなと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、強みを意識しなくても何となくビジネスが成り立っているのです。

ところがここ数年・・・



続きは動画をご覧ください。

●企業の夢と挑戦を支援して業績アップを実現する  株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。    https://www.linkagemic.com/mailmagazine ●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。           https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヴァン・ヘイレンから学ぶ契約の極意(動画編)

昨年、ロックバンド「ヴァン・ヘイレン (Van Halen) 」のギタリスト、 エドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなりました。 エドワード・ヴァン・ヘイレンといえば、ロックギタリストに多大な影響を与えた タッピング(ライトハンド奏法)を広く普及させたことでも知られています。 また、アルバムは、アメリカで5,650万枚以上、全世界で8,000万枚以上を 売り上げています。 そのヴァン・ヘイレン、契約

新規顧客開拓2つの考え方!(動画編)

企業は、新規顧客を獲得する活動を止めて、 しばらく経過すると既存顧客も徐々に減少してきます。 どんなに付き合いが深い既存顧客も、 同業他社から強烈にセールスされればスイッチ(乗り換え)してしまうからです。 ですから、新規顧客の獲得を積極的に行わなければいけないのです。 そこで今日は、新顧客獲得の2つの考え方をわかりやすく解説します。 先日、新しいコンサルテイングメニューのランディングページの企画と