top of page

御社の社員は幸せですか?withコロナ時代の経営!(動画編)

更新日:2021年1月9日

1990年前半のバブル崩壊後、経営のスタイルも大きな変化を遂げました。 トップダウン、ボトムアップ、フラット型組織、ティール組織など、様々な組織形態やマネジメント手法が叫ばれてきました。

働き方改革以後、注目されている経営スタイルがあります。 そこで今日は、最新の経営スタイルについてわかりやすく解説します。

冒頭から厳しい現実を突きつけます。

日本の生産性は先進国で最低水準です。1990年は世界9位でしたが、今は28位です。 さらに、この20年間、先進国の給料は約1.8倍となっているのに対して、日本は9%の減少です。 これは、小西美術工藝社社長、デービッド・アトキンソンさんの著書「国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか」で紹介されています。

恐らく、日本の生産性が低いということをご存知の経営者は多くいらっしゃると思いますが、日本の給料がこれほどまでに悪化していることは意外と知られていません。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

効率と効果を最大化!究極の営業法とは?(動画編)

最近、つくづく感じることがある。 「こてこての昭和の営業=泥臭いアナログ営業」vs「スマートな令和の営業=効率的なデジタル営業」。このように営業の世界では、二項対立の図式が成り立つ。昭和と令和の営業対決ってところだ。そこで今日は、究極の営業法をわかりやすく解説する。 営業チームのある企業で、社歴が30年以上になると営業マンの年齢も幅広くなる。 弊社クライアントでは、20代から60代の営業マンが在籍

Comments


bottom of page