御社の社員は幸せですか?withコロナ時代の経営!(動画編)

最終更新: 1月9日

1990年前半のバブル崩壊後、経営のスタイルも大きな変化を遂げました。 トップダウン、ボトムアップ、フラット型組織、ティール組織など、様々な組織形態やマネジメント手法が叫ばれてきました。

働き方改革以後、注目されている経営スタイルがあります。 そこで今日は、最新の経営スタイルについてわかりやすく解説します。

冒頭から厳しい現実を突きつけます。

日本の生産性は先進国で最低水準です。1990年は世界9位でしたが、今は28位です。 さらに、この20年間、先進国の給料は約1.8倍となっているのに対して、日本は9%の減少です。 これは、小西美術工藝社社長、デービッド・アトキンソンさんの著書「国運の分岐点 中小企業改革で再び輝くか、中国の属国になるか」で紹介されています。

恐らく、日本の生産性が低いということをご存知の経営者は多くいらっしゃると思いますが、日本の給料がこれほどまでに悪化していることは意外と知られていません。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヴァン・ヘイレンから学ぶ契約の極意(動画編)

昨年、ロックバンド「ヴァン・ヘイレン (Van Halen) 」のギタリスト、 エドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなりました。 エドワード・ヴァン・ヘイレンといえば、ロックギタリストに多大な影響を与えた タッピング(ライトハンド奏法)を広く普及させたことでも知られています。 また、アルバムは、アメリカで5,650万枚以上、全世界で8,000万枚以上を 売り上げています。 そのヴァン・ヘイレン、契約

営業成績を伸ばす手っ取り早い方法!(動画編)

「営業力とは何か?」と、質問されて即座に答えられる人は稀でしょう。 そこで今日は、営業力についてわかりやすく解説します。 営業に関わらず仕事は何でもそうですが、「量」と「質」があります。 営業力とはズバリ「営業量×営業の質」です。 これに異論を唱える人はいないでしょう。 早い話が、営業量を増やせば営業成績は伸びます。 また、営業の質を上げれば、同じく営業成績は伸びます。 さらに、営業量と営業の質の