思う通りにはいかない…これだから人生は面白い!

先日、わずか7時間の間におもしろい体験をしました。

この日は県外出張で、1社はあと2ヶ月後に迫ったコンサルティング契約満了の件です。

1年の契約が終了するのですが、再契約のための提案にお伺いしました。



今までの総括から課題を抽出して、その課題を解決するための提案をさせていただきました。

このクライアントの社長にとって、満足のいく結果ではなかったようですが、1年後、2年後のことを考えれば、決して悪くない結果だと私は思っていました。

というのも、目標は未達でしたが、超大手企業のグループ会社の仕事を受注したからです。



1回の取り引きで終わるような話ではないので、将来的に考えれば、優良企業との取り引きが成立したと喜んでいました。

このほかにも、数社と取り引きが成立したのですが、残念ながら社長は満足していません…。

ここに、私と大きなズレが生じていました。

それでも商談を進めていくと、再契約の方向で合意しました。



2社目も同じく県外の企業で、コンサルティングを導入して7ヶ月が経過していました。

新規開拓のコンサルティングだったのですが、数多くの案件化には成功しましたが、受注はこれからといった感じでした。

まだ、十分な成果が出ていなかったので、この時点で再契約のプランを話のはどうかと思ったのですが、意外にも社長は長いスパンで考えていました。 新規開拓は、わずか1年で成果が出るとは思っていなかったようで、新規開拓のスキル習得と仕組みを社内に構築できるのは、相当な時間がかかると覚悟していたようです…。

短期で成果を求める人、成果が出るにはある程度の期間がかかると考えている人など、経営者にもいろいろなタイプがいます。



一般的に、短期で成果を求める経営者しかいないと思われますが、そうではありません。

もう10年近く前のことになりますが、ある経営者からこんなことを言われました。

「簡単に売れるような指導はしないでほしいんだよ。できるけ苦労して売れるようにしてくれよな!」と。

一瞬、私の頭の中に「?」がグルグルと回っていました。というのも、すぐに成果を出した方が経営者に喜ばれると思っていたからです。



この経営者は稀なのかもしれませんが、短期で成果が出るものは、誰でも簡単に真似できるということです。

つまり、すぐにコピーされます。

ところが、時間をかけて成果を出したものは、簡単には真似できません。



私の勘は、2社共はずれてしまいました。

勘といっても、単なる私の思い込みです。

思い込みが強いと、大きなビジネスチャンスを逃してしまうこともあります。

思い込みを回避するには、二者択一の考えをやめて、どちらに転んでも対応できるようにシミュレーションすることが大切だと再認識しました。



よく考えればわかることなのですが、人間はどうしても、「自分の都合のいい方」「自分が考えている方」だけをシミュレーションしてしまいます。



そして、思い込みを回避するもうひとつの方法は、クライアント先の社長や決裁者と定期的に会い、コンサルティングを受けている社員の様子や目標の達成度を確認することが重要です。

社長も社員と一緒にコンサルティングを受けているのであれば、こういったことをする必要はありませんが、そうでなければ絶対に行うべきです。



思い込みなどなく、あらゆる事態を想定して対応できるようになればベストでしょうが、これはなかなか難しいことです。

ですから、年に何回かこのような失敗を経験をすることによって、失敗しないための解決策を考えるのとも言えます。



●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!  https://lin.ee/11jNwF3be


最新記事

すべて表示

議論に勝つ最善の方法はこの世にただひとつ!(動画編)

世の中は人間と人間とのコミュニケーションで成り立っています。 商品やサービスを販売するのも、選挙で当選するのも、「相手を説得する」「相手の意見を変えさせる」などのコミュニケーション術が重要になります。 ここ数ヶ月、新型コロナウイルスの件で、政治家は非常時の対策に追われました。 これとて、国民にコロナ対策を理解してもらったり、国民の意見を変えさせたりと、交渉術やコミュニケーション術が重要です。 特に

名刺は誰のものですか?個人のものではありません!(動画編)

先日、名刺管理アプリ「Eight(エイト)」のオンラインセミナーを受講しました。 「名刺管理アプリはEight」と言われるくらい、この分野では有名です。 私はEightを5年程前から使っていますが、それ以来一切、名刺フォルダーなどでの管理はやめました。 名刺の数が増えてくると嵩張りますし、なによりもお目当ての名刺を探すのに一苦労します。 また、社外にいる時に名刺情報を知りたいと思っても、どうしよう

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン