悪用厳禁!情報操作のテクニック!(動画編)

最終更新: 2020年10月24日

マスコミの情報操作を感じることは多々あります。

たとえば、7月に行われて東京都知事選。

私は東京都民ではないので直接関係ないのですが、やはり興味はあります。



ですが、テレビのニュースは新型コロナウイルスの報道ばかりで、都知事選の立候補者の政策をニュースで知ることはほどんどありませんでした。

そうなると、毎日に記者会見でマスコミの前に登場する現職の小池都知事が有利なのだろうとは思っていました…。

ですから、特に選挙運動をすることもなく、オンライン選挙活動だと言って、楽勝で当選しました。



私は、東京青年会議所が行った立候補者のパネルディカッションのような番組をYouTubeで拝見した程度です。

ぜひ、テレビで討論をやろうという立候補者もいましがた、それも実現することはありませんでした。



このように、テレビと新聞をはじめとするマスコミは、報道するしないはもちろんのこと、報道内容もコントロールすることも可能です。

ひとつの疑惑に対して、重大問題として報道することもできますし、軽く扱うこともできるわけです。

つまり、情報をコントロールできる立場にある人や団体が、意図的に世論を誘導していくことが可能なのです。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

最新記事

すべて表示

中小企業は情報発信を増やせ!それが業績アップの早道!(動画編)

大企業と中小企業の大きな違いのひとつに、情報発信があります。 情報発信といっても、多岐にわたります。 広告、宣伝、営業、広報、展示会などが代表的なものです。 大企業は毎日のように広報活動を行うことで、テレビ、新聞、雑誌などに取り上げられます。ところが、中小企業はそうはいきません。 そこで今日は、中小企業の情報発信について、わかりやすく解説します。 そもそも、なぜ中小企業の情報発信が少いのかといえば

オンライン営業、最強のツールとは?(動画編)

新型コロナウィルスの感染拡大で、企業活動の中で一番困ったのは、販売員や営業パーソンかもしれません。 営業パーソンはコロナ以前、既存顧客への訪問は相手との都合さえ合えば自由に行っていました。 ところが、手のひらを返したように、感染防止のために対面営業は困るとなったわけです…。 わずか数ヶ月でこれほどまで価値観が変わるのは、一生に何回あるでしょうか? そんな中、注目されたのが「オンライン営業」です。

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン