成功の鍵は…地味で目立たないこと?!

あなたは、日本で最も古い雑誌をご存知でしょうか?

いろいろな説があるようですが、「報徳」という雑誌が日本で一番古い雑誌だと聞いたことがあります。

報徳の創刊は明治35年ですから、118年前になります。 勘のいい方ならばピンときたと思いますが、報徳とはあの二宮尊徳の思想です。

報徳とは、二宮尊徳が、の生涯の生活と体験を通じて社会道徳の規範を考え、人間として社会生活を行うための行動の基本となるものをつくり、自ら実践し、それをそのまま雛形として後世に伝えられたものです。

その特色は、生活信条となる道徳、すなわち生活やモラルなど一般的な道徳活動と経済活動は、別々なものであってはならないとされています。

私たちは、自分の利益や幸福を追求するだけでなく、家族をはじめ私たちを取り巻く一般社会、広くは大自然から受けている恩徳に感謝し、これに報いる行動をとることが大切です。それがまた、人々のため、社会のためになるばかりでなく、自分のためにもなります。

結果的に、その行動が経済的利益と結びつきます。

このように、道徳と経済とは一元化されたものだというのが報徳の考え方です。

これは、公益社団法人大日本報徳社のホームページから転載させていただきました。

二宮尊徳の一番有名な思考は「報徳訓」や「五常徳」です。 そして、二宮尊徳の教えとして有名なのが4つの柱=「至誠」「勤労」「分度」「推譲」です。

=================================================

【至誠(しせい)とは?】

人間も動植物もすべての物や事には、美点、長所、良さ、取柄があり、 それらを「徳」として、真心をもって接し、お互いに引出し合うことが 最も大切なこと。

=================================================

【勤労(きんろう)とは?】

何事にも一生懸命、勤勉に心をこめて働くこと。

「積小為大(せきしょういだい=小を積んで大をなす)」の気持ちを 持って働くことが大切。

=================================================

【分度(ぶんど)とは?】

尊徳の独創的な考え方で、自己の力量と物事の関係性をよくわきまえて 行動すること。

=================================================

【推譲(すいじょう)とは?】

蓄えたお金や力を、世のため人のために使うこと。

=================================================

これが、4つの柱となります。

この中でも私の心を捉えて離さないのは、「積小為大」です。 積小為大とは、「小さな努力の積み重ねが、やがて大きな収穫や発展に結びつく。小事をおろそかにしていて、大事をなすことはできない。」という意味です。

「大事を成さんと欲する者は、まず小事を務むべし。大事を成さんと欲して小事を怠り、その成り難きを憂いて、成り易きを務めざる者は、小人の常なり。それ小を積めば大となる。」と残されています。

物事が上手くいかない原因のひとつに、この積小為大が考えられます。 つまり、小さなことの丁寧な積み重ねが継続できないということです。 小さなことは地味です。私たちはどうしても、目立った取り組み、派手な成功事例に目を奪われてしまいます。 ですが、凡事徹底という言葉があるように、これは「平凡を非凡に努める」という意味です。 当たり前のことを当たり前にやるのではなく、当たり前のことを人には真似できないほど一生懸命やるのです…。 成功の鍵は、地味な活動の中に埋もれているケースがほとんどです。 ●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be


7回の閲覧

最新記事

すべて表示

極限状態で、チームを維持するリーダーとは?(動画編)

1907年、シャクルトンと3人の隊員は探検史上最も極点へ接近し、最南端到達の新記録である南緯88度、南極点までわずか180kmの地点に到達しました。 また、ほかの隊員が南極で最も活発な火山であるエレバス山への登山を行った功績により、エドワード7世からナイトに叙せられたそうです。 残念ながら南極点到達のレースは、1911年にロアール・アムンセンの成功により終了すると、シャクルトンは南極点経由の南極大

後継社長、二代目社長が業績を伸ばす3つの方策?(動画編)

創業社長は、エネルギッシュでカリスマ性のある人が多いというのが私の印象です。 今までに7000回以上の業績向上に関するコンサルティングを行いましたが、初対面で「この人は創業社長だ!」と、おおよそわかります。 その判断基準は、顔つきや態度です。 自分1人で意思決定をしてきたという厳しさが、態度や言葉の端々に現れます。 一方、後継社長や二代目社長は、見るからにソフトな雰囲気で、インテリジェンスを感じさ

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン