成功は必然なのか偶然なのか?(動画編)

更新日:4月14日

成功者の多くは、自分の実力で成功したとは言いません。 むしろ「多くの人の支援や助けがあって、上手くいきました」とか、「たまたま、運が良かっただけです」など、必然よりも偶然で成功したような発言をする人が多いのです。 そこで今日は、成功は必然なのか偶然なのかをわかりやすく解説します。

このようなテーマで思い出す人物が二人います。

まずは、元大リーガーの「イチロー」です。入団当初は1軍と2軍を行ったり来たりで、1軍での成績は43試合に出場して、64打数12安打、打率.188の選手でした。 コーチからはフォームの矯正を命じられていましたが、「振り子打法」にこだわっていました。

ところが、1994年に仰木彬さんが監督に就任すると、振り子打法を尊重し、1年間、1軍で使い続けました。 そして、日本球界初となる年間210安打、打率.385で首位打者を獲得します。 イチローは7年連続で首位打者を獲得しました。

イチローは「仰木さんとの出会いがあるからこそ今の自分がある」と公言しています。 もし、仰木さんが監督にならなかったら…。 イチローはこの世に存在していなかったかもしれません。 イチローというカタカナの登録名を勧めたのも仰木監督です。

イチローと仰木監督の話を聞くと、人生は実力だけではどうにもならないということがわかります。 もちろん実力は必要ですが、それに加えて誰と出会うかの方がもっと重要かもしれません。 二人目は、天才ジャズギタリスト「ウェス・モンゴメリー」です。


続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

4回の閲覧