top of page

成果の出ない営業マンの特徴とは?(動画編)

先日、ある経営者と話をしていたら、若手営業マン育成の話題に…。

これは若手営業マンに限ったことではないが、なかなか成果が出ない場合、高い確率でこれが原因だと思って間違いない。特にルートセールスではありがちだ。そこで今日は、成果の出ない営業マンの特徴をわかりやすく解説する。



ルートセールスがメインの企業は、顧客数が多いという特徴がある。

当然、すべての顧客に対して、定期的にアプローチするのは困難だ。そうなると営業マンの習性として、「取引額が多い顧客」「目先の案件」などをメインにアプローチすることになる。



取引額が多い顧客を訪問するのはいいのだが、今以上に売上が伸びるかどうかが問題だ。

たとえば、あなたの会社はA社にY商品を納入している。あなたの会社のほかに、類似商品を納入しているのはB社とC社がある。つまり、あなたの会社を含めて3社が似たような商品を納入しているということだ。



このような場合、自社のシェアが3社の中でどの程度なのかを探る必要がある。

あなたの会社のシェアが20%であれば、B社とC社は合わせて80%のシェアになる。つまり、B社とC社のシェアを奪えば、売上が伸びる可能性があるとうことだ。ところが、自社のシェアが100%であれば、顧客の業績が伸びない限り、売上を伸ばすことは難しい。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示

日本の借金王はどこの企業だ?(動画編)

今日は、変わった話題を紹介する。ほぼすべての経営者が借金などしない方がいいと思っているだろう。考えようによっては、借金ができるということは信用があるということでもあるので、捉え方は人それぞれだ。また、借金をせずに設備投資ができればいいが、なかなかそうはいかない場合もある。大きなチャンスを逃してしまうこともあるからだ。そこで今日は、借金王ランキングについてわかりやすく解説する。 与信管理をメインに行

bottom of page