top of page

指示力が問われる時代(動画編)

「ChatGPT」を運用していると、ことごとく指示の重要性を意識させられる。

今までの人生のなかで、これほどまでに指示のやり方、内容を意識したことはなかった。そこで今日は、正しい指示についてわかりやすく解説する。



「ChatGPT」を賢く使っている人は、「プロンプト」の出し方に長けている。

プロンプトとは指示のことだ。会社であれば、上司は部下に指示を出す。そして、指示を出してはじめて部下は行動する。もし、上司が指示を出さなかったら部下は行動しない。または、自ら考えて行動することになるが、それが適切な行動なのか不適切な行動なのかはなんとも言えない。



会社組織と同じように、「ChatGPT」を賢く使うにはどのように指示を出すのかがポイントになる。これを専門用語で「プロンプトエンジニアリング」と言うが、今では最適なプロンプトを考えてくれる「Auto-GPT」と呼ばれれるAIもある。恐ろしい世の中になったものだ。



少なくとも1年前はこのような世界が訪れるとは誰も思っていなかった。

コロナ禍の時もそうだった。3年以上も行動を制限されるような事態になるとは思っていなかった…。このような不測の事態が起こるのが時代の転換期だ。ある時、いきなり登場して、あっという間に世界に広がり、短期間で目の前に広がる景色がまったく異なる。まさに今、これを体験している。不安に感じている人もいるだろうが、この流れは止めることはできない。



参考までに、プロンプトエンジニアとして有名な人を紹介しておく。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:4回

最新記事

すべて表示

効率と効果を最大化!究極の営業法とは?(動画編)

最近、つくづく感じることがある。 「こてこての昭和の営業=泥臭いアナログ営業」vs「スマートな令和の営業=効率的なデジタル営業」。このように営業の世界では、二項対立の図式が成り立つ。昭和と令和の営業対決ってところだ。そこで今日は、究極の営業法をわかりやすく解説する。 営業チームのある企業で、社歴が30年以上になると営業マンの年齢も幅広くなる。 弊社クライアントでは、20代から60代の営業マンが在籍

Commenti


bottom of page