top of page

政治家と経営者は伝え方で価値が決まる!(動画編)

最近つくづく感じることは、「伝えること」は大変難しいということだ。 ここ10年来、ビジネス書籍でも伝え方に関する分野が充実している。そこで今日は、伝え方を鍛えるための最新情報をわかりやすく解説する。



特に伝え方が重要だと思われる職種は「政治家」や「経営者」などが代表的なものだ。 残念ながら、日本の総理大臣のなかには、話すことも、伝えることも苦手だという人がかつていた。そして、それを逆手にとったのか(?)、あらかじめ官僚が用意した原稿を棒読みすることを繰り返したが、その反論には笑ってしまった。



「自分の言葉で伝えると、上手く伝わらないので、原稿を読み上げた方が伝わる」というものだ。ものは、言いようである。



さて、世の中には伝え方をトレーニングするためのおもしろいいサービスがある。

それは「カエカ」という企業が提供している政治家の話力をAIで分析し、強みと課題を見つける演説力、評価ツール「kaeka score politics」というものだ。演説をAIで分析し、定量的に診断するテストの提供は日本で初めてだと言う。改めてAIの力は凄いということを実感した。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:2回

Comments


bottom of page