新しい取り組みをするのに理由は必要なのか?(動画編)

最終更新: 2020年5月15日

人間も企業も新しい取り組みをしなければ、成長が止まってしまいます。 むしろ、成長が止まるというよりも衰退していくでしょう。 現状維持は、衰退なのです。 人間には「現状維持バイアス」というものがあります。 現状維持バイアスとは、心理作用上の言葉の意味として、「未知なもの、未体験のものを受け入れたくないと感じ、現状のままでいたい」とする心理作用のことです。 冒頭紹介した通り、新しい取り組み=未知のことをしなければ成長しないので、人間は未知のものを受け入れたくないのです…。 なぜ、現状に留まりたいのでしょうか?  理由は簡単です。 現場を脱しようとすれば、それなりの努力も必要ですし、緊張も強いられます。 また、新しい取り組みをやるということは、現状の否定という側面も含まれます。 ですから一般的に、高齢の人ほど新しいことを受け入れなくなります。 誰でもが、新しいことにチャレンジするのに積極的ではないのです。 続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。  https://www.linkagemic.com/mailmagazine ●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。  https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

ヴァン・ヘイレンから学ぶ契約の極意(動画編)

昨年、ロックバンド「ヴァン・ヘイレン (Van Halen) 」のギタリスト、 エドワード・ヴァン・ヘイレンが亡くなりました。 エドワード・ヴァン・ヘイレンといえば、ロックギタリストに多大な影響を与えた タッピング(ライトハンド奏法)を広く普及させたことでも知られています。 また、アルバムは、アメリカで5,650万枚以上、全世界で8,000万枚以上を 売り上げています。 そのヴァン・ヘイレン、契約

営業成績を伸ばす手っ取り早い方法!(動画編)

「営業力とは何か?」と、質問されて即座に答えられる人は稀でしょう。 そこで今日は、営業力についてわかりやすく解説します。 営業に関わらず仕事は何でもそうですが、「量」と「質」があります。 営業力とはズバリ「営業量×営業の質」です。 これに異論を唱える人はいないでしょう。 早い話が、営業量を増やせば営業成績は伸びます。 また、営業の質を上げれば、同じく営業成績は伸びます。 さらに、営業量と営業の質の