新しい商品を開発するより◯◯ことの方が難しい!(動画編)

最終更新: 8月29日

「私も同じアイデアを考えていたんだよ! もう5年も前に…。ちょっと早過ぎたかなぁ…」。

このような台詞を時々、耳にすることがあります。



たとえば、ある商品がヒットしたとします。

その商品に使われているアイデアを、私も過去に考えていたという意味です。

アイデアマンであれば、このようなことは時々あるのかもしれません。

ヒット商品が誕生すれば、何十人もの人が同じ台詞を口にします。



以前、ソニーの取締役の講演を聞いたことがあります。

ソニーには「ウォークマン」という大ヒット商品があります。

発売は1979年7月ですから、今から41年も前です。

当時は、歩きながらカセットテープが聞けるというのが最大のウリでした。

当時の日本には、歩きながらカセットテープを聞こうなんて思っている人はいなかったでしょう。

カセットテープは、屋内で聞くものでしたから…。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

最新記事

すべて表示

大ヒット商品は顧客を無視している!?(動画編)

顧客の声を聞いて開発した商品は、売れるでしょうか? そういった商品もあるでしょうが、大ヒットする商品は、顧客の声など聞いていないものが多いのが現実です。 そこで今日は、大ヒット商品の創り方をわかりやすく解説します。 商品開発には、2種類の考え方があります。 ひとつは、市場にある既存商品の改善=マイナーチェンジです。もうひとつは、市場にないまったく新しい商品の開発です。 もちろん、後者の方が難易度は

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン