top of page

新しければ効果があるのか?(動画編)

コロナ禍以降、営業の考え方や手法が大きく変わりました。

たとえば、デジタルトランスフォーメーション(DX)による、営業のオートメーション化です。具体的には…

========================================

■マーケティング・オートメーション(MA)

■セールス・フォース・オートメーション(SFA)

■カスタマー・リレーションシップ・マネジメント(CRM)

========================================



さらには、「インサイドセールス」なども注目されています。

意味のわからない人は検索してほしいのですが、営業の最前線ではこのような言葉が飛び交っています。



コロナ禍で非接触型のコミュニケーションを余儀なくされた結果、このような考え方やツールが登場したというわけです。ただし、地方の中小企業の中には、チンプンカンプンの会社もあるでしょう…。



このような横文字のツールは、最新だという理由で注目されて、効果がありそうな気分になるのが人間です。確かに既存の営業ツールは全体的に見れば、年々効果が落ちていることは事実ですが、効果を高めている企業もあります。ですから、「最新=効果がある、古い=効果がない」ということではありません。昔から廃れずに使い続けられているものは、それなりに効果があるということです。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示

コロナ禍でオンラインコミュニケーションは、ごく一般的になりましたが、いまだにオンラインでは伝わらないと言っている人がいます。そこで今日は、オンラインで伝える技術をわかりやすく解説します。 最近つくづく思うことは、リアルコミュニケーションが一番伝わることは確かだということです。しかし、いまだにオンラインは伝わらないということを前提にコミュニケーションしている人がいるという事実です。時代は変わりました

法人営業のコンサルティングをおこなっていると、クライアント先の営業マンから質問されることがあります。そのなかでも多くの営業マンが気になっていることは、「商談の途中で顧客から金額を聞かれたらどうしたらいいのか?」という質問です。 通常商談は、顧客の現場を確認して、困りごとを明確にすることからはじめます。 次にその困りごとをほっとくと、どのようなリスクがあるのかを伝えたり、困りごとを解消したらどのよう

bottom of page