新規顧客開拓2つの考え方!(動画編)

最終更新: 6月26日

企業は、新規顧客を獲得する活動を止めて、 しばらく経過すると既存顧客も徐々に減少してきます。 どんなに付き合いが深い既存顧客も、 同業他社から強烈にセールスされればスイッチ(乗り換え)してしまうからです。 ですから、新規顧客の獲得を積極的に行わなければいけないのです。


そこで今日は、新顧客獲得の2つの考え方をわかりやすく解説します。



先日、新しいコンサルテイングメニューのランディングページの企画と構成を考えて、 原稿を練っていた時、ふと思いました。

当社は昨年からオンライン化に舵を切ったので、商圏を全国に広げました。

そこで重要なのは、見ず知らずの企業や人=新規見込客の獲得をしなければ どうしようもないということです…。



思い起こせば、私が起業したのは2001年です。 今からちょうど20年前ということになります。

資金も人脈もゼロの状態で起業したので、

1年目は新規クライアントの獲得に奔走しました。



ですが、2年目からはたくさんの人の助けもあり、

徐々に人脈もできて、クチコミや紹介で仕事が舞い込むようになりました。

業績は順調に伸びていましたので、地元の人脈を最大限活用すあれば、

最小限の労力で最大の成果を出せたかもしれません…。



ところがこともあろうに、2006年の暮れに新潟県三条市にあった事務所を

新潟市に移転しました。

理由は、市場規模の大きい新潟市で勝負したいという欲望からです。


続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

4回の閲覧

最新記事

すべて表示