日本企業とGoogleのマネジメントの違い


Google(グーグル)と言えば、有能な社員が揃っていることで有名です。

日本企業とGoogleの違いは何でしょうか?

そこで今日はGoogleの人材についてわかりやすく解説します。


 

先日、Googleで人材開発を担当し、

現在は国内外の企業で人材育成のコンサルティングをおこなう

ピョートル・フェリークス・グジバチさんの記事を読みました。


日本企業が求める理想の人材像として

「コミュニケーション能力」「リーダーシップ」「協調性」の3つが挙げられてきました。かつては、こういった特性も必要だったのかもしれませんが、

ピョートルさんは日本企業の理想の人材論にNoを突きつけます。



そして、日本企業とGoogleの価値観の違いをこう例えます。

日本で大手企業の経営者といえば、

「黒塗りの車」で移動しているというイメージがあります。

ビジネス街ではエンジンをかけっぱなしにした車の中で、

運転手が経営者を待つという風景です。



また、保守的な会社では「性悪説」の考え方が重視され、

部下がとんでもないことをするかもしれないから、

「トップがすべてをコントロールする。指示や命令に従え」という考え方です。



一方、Googleでは「性善説」です。本社の敷地は「キャンパス」と呼ばれており、

誰でも入ることができます。

創業者はのラリー・ペイジは、自転車を漕いで移動していて、

ボディガードも、お連れの人もいません。



Googleの文化や社風は、創業者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンが子どもの時、

「モンテッソーリ教育」を受けてきたことに起因します。

モンテッソーリ教育とは、子どもの自主性や知的好奇心を育てるプログラムで、

「3〜6歳」「6〜9歳」「9〜12歳」と、年齢の異なる子ども同士で

クラスを編成するのが特徴です。



このようなクラス編成の場合、年少の子が困っていると年上の子が教えてあげ、

先輩に教えてもらった子は、年度が変わると今度は自分が教える番になります。

つまり、互いに教えていくことが教育の仕組みの中に組み込まれています。

そして、クラスには自分で作れる学習教材が置いてあります。

たとえば、絵を描きたいんだったら絵を描くとか、レゴを使って何かを作るとかです。



重要なのは先生の役割で、ファシリテーションやコーチングです。

子どもが好きなことをやってる時に、「何をやってるのかな?」と質問したり、

子どもが戸惑っていれば「こうしてみるのはどう?」と、丁寧に説明します。

つまり、子どものひらめきを育て、自分で学習できるように。

成長志向を育てる教育です。



このようなラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンの背景があり、

Googleを創業した時、普通の会社とは真逆の会社にしようとしました。

「自由を重視して、社員が好きなことに情熱をもってもらおう。それで成果が出ればいい」ということです。



そして、「マネージャーがいらない」という試み、

「20%プロジェクト」(勤務時間の20%は自分の企画したやりたいことに使っていい)を

実践するなど、非常に自由を大切にしてきました。



ピョートルさんによれば、Googleでは「どんな大学を出たか」は

入社後のパフォーマンスと相関関係がなかったことがわかったそうです。

次にわかったのは、「これまでの人生で苦労をしたかどうか」です。



人生の中で、戸惑ったり、脱線したり、事故にあたり、病気になったり、浪人したり、

好きな人を失ったりと、

苦労した人たち、挫折した人たちは、Googleで高いパフォーマンスを発揮していました。

挫折は、自分自身を見つめ直すチャンスであり、

アイデンティティを作り直す機会でもあります。



■コミュ力もリーダーシップもいらない。

 元Google社員が語る、本当に「優秀な人材」とは

 https://www.huffingtonpost.jp/2018/01/16/piotr_a_23334437/




●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be


閲覧数:3回

最新記事

すべて表示