時給123円で1日12時間文句も言わずに働きます(動画編)

最近、飲食店で「配膳ロボット」の導入が進んでいます。 これは、コロナ禍で非接触型コミュニケーションが求められたことと、飲食業界の人材不足が背景にあります。そこで今日は、配膳ロボットのコストについてわかりやすく解説します。



配膳ロボットとは、従来、人間が運んでいた料理を運んだり、食べ終わった食器などを回収します。大変事務的な印象を受けますが、慣れてしまえば違和感もなくなります。現在、このような配膳ロボットを提供しているのは中国メーカーをはじめ、多種多様な企業が参入しています。店内のBGMを提供する「USEN」も飲食店を中心に配膳ロボットを提供しています。

配膳ロボットの導入は賛否両論あります。「ロボットが人間の仕事を奪う」といった声をはじめSNS上でも様々な意見が飛び交っています。その一方で、配膳ロボット推進派は、「配膳ロボットが人に置き換わるのではなく、人の良さを全面的に出せるようにすること」だという言い分もあります。これは、スタッフが顧客への対応を行うサポートをするという意味合いです。

そして、気になる配膳ロボットの効果ですが…



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示