本来、ビジネスとは自由だったのに…

新型コロナウイルスの影響で、業績が落ちただけでなく、ビジネスモデルの見直しを迫られている業種や企業も多いことでしょう。

たとえば、飲食店を考えてみます。 コロナ以前は店舗に来店してもらい、料理やドリンクをオーダーしてもらうことで収益を上げていました。 ですから、席数の稼働率と回転数が大きく業績に影響を与えていました。 50席ある飲食店であれば、50人まで入店していただけます。

ところが、コロナ後はソーシャルディスタンスの視点から、50席あっても顧客同士の距離を考慮すると、せいぜい15席程度しか顧客を入店させることはできません…。 ソーシャルディスタンスなんて関係ないよという飲食店経営者もいるかもしれませんが、そのようなスタンスでいる店は淘汰されるでしょう。

いずれにせよ、今まで通りに顧客を入店させられないという時点で、完全にビジネスモデルの崩壊です。 営業しても、赤字になることは目に見えて明らかです。

解決策は、「客単価を上げる」か、「回転率を上げる」しか方法がありません。 そのほか、テイクアウトやデリバリーもありますが、売上は微々たるものでしょう。 そもそも飲食店は、お弁当や惣菜を大量生産できる設備を持ち合わせていませんから…。

そうなると、飲食店という業種自体が、今までのビジネスモデルでは存続できないということです。 このような業種はまだまだあります。


ライブハウスや舞台関係、スポーツ観戦なども飲食店と同じケースに該当します。 ただし、これらはオンライン配信という手があるので救いがあります。

また、観光地のホテルや旅館業種なども、全室稼働せずに2部屋に1部屋しか稼働させないようなところもあるようです…。

このような状況の中、ビジネスモデルの再構築を余儀なくされている企業が増えています。 「いずれコロナ以前に戻るだろう」と安易に考えている経営者もいるようですが、私はそうは思っていません。

ですから、いち早く「第二創業」に着手すべきだと考えています。

既存のビジネスモデルが、時代や社会環境に合わないのであれば、時代や社会環境に合わせて変化させるしかありません。 それを拒むのであれば、未来はないということです!  これは脅しではありません。

このような状況に加えて、「AI」「ロボット」「5G」などの最新テクノロジーが、私たちの生活に否応にでも入り込んできます。

さて、第二創業を考える際に大切なことを伝えます。 そもそも、ビジネスは自由だということです。

============================================

●どのような商品やサービスでも売る権利があります。 ●誰に売ってもいいという権利もあります。

●どのような売り方ををしてもいいという権利もあります。

●そして、一番大きな権利は、好きな価格で販売できる権利です。

============================================

言われてみれば当たり前のことばかりなのですが、いつの間にか「この商品しか売れない…」「この客層にしか売れない…」「この売り方しかできない…」「高くすると売れない…」など、4つの権利を放棄している経営者がほとんどです。

このように、基盤となる考え方のスタンスを自由という軸で第二創業しなければ、恐らく、第二創業にまでこぎつけないでしょう。 そして、経営者は自問自答してください。 「もし、今創業するとしたら、既存事業をやるだろうか?」と。 きっと、「やらない」と答える経営者が多いことでしょう…。 まずは、頭の中をニュートラルにすることからスタートです。



●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be


5回の閲覧

最新記事

すべて表示

極限状態で、チームを維持するリーダーとは?(動画編)

1907年、シャクルトンと3人の隊員は探検史上最も極点へ接近し、最南端到達の新記録である南緯88度、南極点までわずか180kmの地点に到達しました。 また、ほかの隊員が南極で最も活発な火山であるエレバス山への登山を行った功績により、エドワード7世からナイトに叙せられたそうです。 残念ながら南極点到達のレースは、1911年にロアール・アムンセンの成功により終了すると、シャクルトンは南極点経由の南極大

後継社長、二代目社長が業績を伸ばす3つの方策?(動画編)

創業社長は、エネルギッシュでカリスマ性のある人が多いというのが私の印象です。 今までに7000回以上の業績向上に関するコンサルティングを行いましたが、初対面で「この人は創業社長だ!」と、おおよそわかります。 その判断基準は、顔つきや態度です。 自分1人で意思決定をしてきたという厳しさが、態度や言葉の端々に現れます。 一方、後継社長や二代目社長は、見るからにソフトな雰囲気で、インテリジェンスを感じさ

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン