top of page

業務の効率化を実現する3ステップ(動画編)

「働き方改革」で業務効率化を否応なしに余儀なくされた企業も多いだろう。

時間の短縮や業務の自動化を実現するのは口でいうのは簡単だが、効果のある施策を実施するのは非常に難しい。そこで今日は、業務の効率化術についてわかりやすく解説する。



業務の効率化では、時間の短縮が重要なポイントになる。

時間を短縮することで、より多くの業務をこなすことができ、生産性も向上させることが可能だ。具体的には、業務の見直しや合理化を行うことになるのだが、まずは業務を見える化しないことにははじまらない。



その次に考えられるのが、業務の自動化だ。

最近では「ITツール」「DX」「RPA」などを活用すれば、ある程度の自動化は可能になった。そして、昔からいわれていることに「業務マニュアルの作成」によって効率化を実現することが可能だ。業務マニュアルとは、業務手順やポリシーを書面化することで、業務フローを明確にする手法だ。



具体的なメリットとして、①マニュアルに基づいて教育を行うので、新人の育成期間が短縮される。②マニュアルにより業務の伝承が容易になり、知識やノウハウの共有が可能となる。③一定の業務基準を設けることで、業務の品質向上につながる。このように、業務のマニュアル化はあらゆる業種や職種において非常に重要であるが、中小企業ではほとんどお行われていない。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。

↓↓↓↓↓↓↓


●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:0回

Comments


bottom of page