正しい成長と正しくない成長の違い

たまたまこの数週間、社員教育についての問い合わせや相談が相次ぎました。

「企業は人なり!」と言いますが、いかにして人を育てるのかが企業成長の鍵となります。



そこで今日は、正しい成長と正しくない成長をわかりやすく解説します。



中小企業の場合、OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)が

社員教育のメインになりますので、日々の仕事で必要なスキルは

上司から学ぶことができます。

恐らく、ほとんどの中小企業の社員教育は、仕事に必要なスキルの習得しか

やっていないでしょう。



それ以外に考えられるのが、資格取得に必要な知識の習得です。

資格とは「1級○○○士」「○○○検定2級」などのことです。

資格取得に関しては、社員一人ひとりのやる気に任せられています。

そして、資格を取得すれば資格手当なども支給されます。

これが中小企業の社員教育です。



一方、大企業ではOJTのほかに、体系的な知識を学ぶ

Off-JT(オフ・ザ・ジョブ・トレーニング)も行います。

Off-JTは、社内の人材で教育することが難しいので、

外部講師やコンサルタントに依頼することが一般的です。

ですから、私のようなコンサルタントに依頼する企業もいます。



このように、社員教育は実践的なスキルとそれを裏付ける理論を

バランスよく習得することで、正しい成長に繋がります。


たとえば、仕事のスキルはレベルが高いのに、そのスキルを部下に上手く

伝えることができない人は結構います。

スキルは身体が覚えており、再現可能なので、部下にお手本として見せることができます。ですが、それを裏づける知識や理論の習得をしてこなかったために

スキルを明文化することができないのです。



当然その逆もあります。

仕事のスキルは大したことないのですが、知識や理論は人並み以上に知っている頭

でっかちのタイプです。

つまり、理屈ばかりで実践が弱い人です。



極端な2つのタイプを紹介しましたが、これは正しい成長とは言えません。



正しい成長とは、スキル(実践)と理論をバランスよく持ち合わせている人です。

自らスキルを実践することができて、どうしたらスキルを習得できるのか、

なぜそうなるのかを他人にしっかり伝えることができる人が、正しく成長した人です。



そして、もうひとつ忘れてはいけないことがあります…。

正しい成長とは、努力に見合った成果が出ることです。

ところが、さして努力もしていないのに、成果が出るということが起こります。

また、努力している割には成果が小さいというケースもあります。



努力に見合った成果が出るのはまったく問題ありませんが、

努力以上の成果が出たり、努力以下の成果しか出ないと人間はやる気を失います。

やはり、正しい成長は達成感を実感することができますし、

仕事に対する興味を高めてくれます!



「実践に偏っている社員」や「理屈に偏っている社員」がいましたら、

バランスが取れるように教育をすることが大切です。

たとえば、実践が強い社員には、意図的に体系的な理論を学ばせます。

一方、理屈が強い社員には実践させます。

こうすることで、正しく成長できます。



ただし、何かひとつが特出して偏っている状態を平準化するということは、

エッジが効かなくなります。

つまり、個性がなくなるということです…。

平準化した人がいいのか、それとも個性的な人がいいのかは意見が分かれるところですが、良い悪いではありません。



●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be


閲覧数:5回

最新記事

すべて表示

コロナ禍以降、社会のあらゆる価値観が大きく変わりました。 恐らく、100年後や300年後に今の時代を振り返ると、歴史上稀に見る大変革時代と形容されると思います。私たちは今後の人類史に於いて、重大な局面を生きていると言っても過言ではありません。もちろん、組織の役職における役割も大きく変化しています。そこで今日は、コロナ禍以降求められる能力についてわかりやすく解説します。 コロナ禍以前から、不確実性の