正しい成長と正しくない成長の違い(動画編)

更新日:10月26日

たまたまこの数週間、社員教育についての問い合わせや相談が相次ぎました。

「企業は人なり!」と言いますが、いかにして人を育てるのかが企業成長の鍵となります。



そこで今日は、正しい成長と正しくない成長をわかりやすく解説します。



中小企業の場合、OJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)が

社員教育のメインになりますので、日々の仕事で必要なスキルは

上司から学ぶことができます。

恐らく、ほとんどの中小企業の社員教育は、仕事に必要なスキルの習得しか

やっていないでしょう。



それ以外に考えられるのが、資格取得に必要な知識の習得です。

資格とは「1級○○○士」「○○○検定2級」などのことです。

資格取得に関しては、社員一人ひとりのやる気に任せられています。

そして、資格を取得すれば資格手当なども支給されます。

これが中小企業の社員教育です。



一方、大企業ではOJTのほかに、体系的な知識を学ぶ

Off-JT(オフ・ザ・ジョブ・トレーニング)も行います。

Off-JTは、社内の人材で教育することが難しいので、

外部講師やコンサルタントに依頼することが一般的です。

ですから、私のようなコンサルタントに依頼する企業もいます。



このように、社員教育は実践的なスキルとそれを裏付ける理論を

バランスよく習得することで、正しい成長に繋がります。


続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

5回の閲覧

最新記事

すべて表示