気遣いのできる人3つの特徴(動画編)

世の中には、気遣いのできる人とできない人がいます。

気遣いのできる人は、相手の気持ちを察するのが上手い、つまり、相手を思いやれる人です。そこで今日は、気遣いのできる人の3つの特徴についてわかりやすく解説します。



気遣いと似た表現に「心遣い」がありますが、これは相手のことを思ってあれこれと対応することをいいます。どちらも相手を思って何かをするという意味合いでほぼ同じですが、「気遣い」は、相手に不快な思いをさせないように神経を使うというニュアンスがあるのに対し、「心遣い」は自然な真心を示す、というニュアンスであるところが違う点です。



2ヶ月程前のことになりますが、あるクライアントからお中元をいただきました。

ありがたく頂戴しましたが、妙な出来事がありました。お中元をいただいた数日後、またしても同じクライアントからお中元が届きました。このクライアントからは毎年いただいていますが、2回もお中元をいただくなんてことは初めてでした。しかも、品物が違うのです…。



どう考えても、何かの間違いです。お中元のリストに弊社が重複して載っていたことしか考えられません。腑に落ちなかったので、慌てて担当の人に電話したところ…、想定外の返答でした。そして、気遣いのでできる人だなと感心しました。これだけ気遣いのできる人はなかなかいません。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:2回

最新記事

すべて表示