top of page

海鮮丼の新メニューをAIが作った


先日、12年ぶりに新潟県佐渡市に出張だった。

佐渡は日本で一番大きい島。海に囲まれているので、新鮮な魚介類が特に有名だ。そこで今日は、佐渡で食べたインスタ映えする「海鮮丼」についてわかりやすく解説する。



この日は一日、クライアント先でコンサルティングを行い、お昼はクライアントのおすすめ「すし民泊・長浜荘」という食堂に。この食堂は、観光客が多いという。その理由は、インスタ映えする「海鮮丼」だとうことだった。私たちは、海鮮丼の上をオーダーした。



私は甘くみていた…。ここまでインスタ映えするものだとは思ってもいなかった。

分厚いネタが山盛りだ。これでもかこれでもかと、食べても食べても、なかなかご飯に辿り着けない。山盛りの刺身だけを食べることに注力すること10分、ようやくご飯が見えてきた。



こんな海鮮丼は生まれてはじめてだ。

恐らく読者の中でもこれだけの海鮮丼を食べたことのある人はいないだろう。



私は商品開発AI「アイディエータ」に、インスタ映えする海鮮丼のアイデアを生成してもらった。4つのターゲットを設定したがおもしろいアイデアとしては…

==========================================================

●まるで手品のように海鮮が次々と現れる不思議な丼

●炎とともに登場する燻製風味の海鮮丼

●サクサクのワッフルに海鮮が盛り付けられた新感覚の海鮮丼

●冷たいアイスと新鮮な海鮮が絶妙にマッチした夏にぴったりの海鮮丼

●見た目も美しい彩り豊かな海鮮パフェ風の丼

●海鮮丼をデザート風にアレンジした、カラフルな海鮮とフルーツが絶妙なハーモニー

●まるでシャンデリアのような華やかな海鮮丼

●ハロウィン仕様の海鮮丼

==========================================================

この中から、アイディエーターが選ぶアイデア評価1位は「ハロウィン仕様の海鮮丼」だ。



まず、ネーミングは「海鮮ハロウィン」。

商品の概要は「株式会社〇〇は、若者をターゲットにした“海鮮ハロウィン”を発表しました。この商品は、インスタ映え重視で自分らしさを表現したい若者に向けたもので、ハロウィン仕様の海鮮丼です。オレンジ色のイカや黒いウニが入った、不気味で可愛らしい一品です。この商品はSNSで話題になること間違いなしです。今回の商品開発にあたり、若者が抱える課題を解決するために、インスタ映えや自己表現に重点を置きました。また、商品特徴としては、ハロウィン仕様の海鮮丼という斬新なアイデアです。若者の皆さんはぜひ、“海鮮ハロウィン”で自分らしさを表現してみてください。」

いかがだろうか?




●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!


閲覧数:3回

最新記事

すべて表示
bottom of page