無料の情報提供こそ出し惜しみしない!

最終更新: 2020年12月12日

「フリーミアム」という言葉が登場して久しいが、ビジネスの世界にすっかり定着しました。フリーミアムとは、2009年に出版された「フリー<無料>からお金を生み出す新戦略」中で取り扱われて、大変話題となりました。 基本料金は無料で、お金払うことでサービスの継続利用や追加機能が利用できる形態のビジネスモデルを指します。

こそで今日は、無料からお金を生む出す戦略をわかりやすく解説します。

フリーミアムは、インターネットやデジタルと非常に相性がよく、オンラインサイトでは95%の無料ユーザーを5%の有料ユーザーが支えている言われています。 なぜ、このようなことが可能になるのかといえば、デジタル製品やデジタルコンテンツは、実体のあるモノ作りとは違います。 原材料を仕入れて、設備を使って加工することもありません。 つまり、コストがゼロに近いため、ユーザーに無料でサービスを提供することが可能なのです。いわば、インターネットとデジタル特有のビジネスモデルです。

フリーミアムの代表的なサービスは、ビジネスチャットツールでは「ChatWork(チャットワーク)」「Slack(スラック)」、名刺管理ツールでは「Eight(エイト)」オンラインストレージサービスでは「GoogleDrive(グーグルドライブ)」などです。 いずれも、機能を拡張すると有料になります。 このようなフリームアムの動きは、様々な業界や分野に広がりました。たとえば、健康食品では「1週間分のサンプル無料進呈」、フィットネスクラブでは「無料体験」、士業では「30分間無料相談」などです。

とにかく、体験してもらえば購入する確率が高くなるという理屈です。体験もしていないのに、いきなり購入するのはハードルが高いと感じている人も数多くいます。

また、音楽業界では、YouTubeでミュージックビデオの無料配信を行うことで、楽曲の売上が増加するという事例があります。 500以上の楽曲の半分の時系列データを分析した結果、YouTubeで無料公開すると、そうでない場合に比べてCDの販売数が約19%増加するという調査結果もあります。 さらに、長時間のフルバージョンの方が、短時間のダイジェスト版よりも、販売促進の効果は高かったということです。

売り手の心理からすれば、2つの心理的抵抗があります。 ひとつめは、楽曲を無料公開したら売れなくなるという抵抗です。 もうひとつは、楽曲を最初から最後まで無料公開したら、益々売れなくなると感じるでしょう。

ですが、買い手の心理はまったく異なります。

フルバージョンを無料で聞いた方が、買う気になるということです。

これは、賛否両論あると思います。無料で情報発信するならば出し惜しみするタイプと、まったく出し惜しみしなというタイプがいます。 どちらが良い悪いではありませんが、私の経験から後者の方が購入される確率は高くなります。 無料とはいえ、全力で情報発信することが重要です。

このほかにも、情報を無料で提供するのではなく、少しだけお金を頂戴するという方法もあります。 たとえば、100ページある電子書籍やPDF書籍を100円程度で販売するのです。 これは、購入の際、メールアドレスと名前を取得するための戦略です。 最低でもメールアドレスさえ取得できれば、メールマガジンを発行できます。

このように、デジタルコンテンツを扱っている企業は、最初は無料で提供することにより、多くの見込客を獲得することができます。 フリーミアム戦略をぜひ取り入れてください。 ●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be


4回の閲覧

最新記事

すべて表示

受付突破できない理由を受付嬢が教えてくれた!(動画編)

「飛び込み営業」「アポなし訪問」は、抵抗感がある人も多いかと思います。 一方、飛び込み営業やアポなし訪問をされる側はどう感じているのでしょうか? そこで今日は、嫌がられる営業パーソンについて、わかりやすく解説します。 私は、飛び込み営業やアポなし訪問をコロナ以前は頻繁にやっていました。 飛び込み営業は読んで字の如く、これはという見ず知らずの企業に飛び込んで話を聞いてもらう営業手法です。昔ながらの方

人生は、いつ何が起こるか誰にもわからない…(動画編)

動物に「引退」という言葉はありませんが、人間には、「引退」とか「隠居」という言葉があります。 人生100年時代と言われて久しいですが、人間に引退は必要なのでしょうか? そこで今日は、人生100年時代をどう生きるのかをわかりやすく解説します。 ほんの30年前まで、会社員であれば60歳になると会社を退職して、年金暮らしがごく普通でした。 第一線を退き、悠々自適に老後を楽しむといった感じです…。 ところ

株式会社リンケージM.Iコンサルティング.jpg

新潟県新潟市東区大形本町3-1-38-608  |  Tel.025-210-6238  |  Fax.025-333-4752

©2019 by 企業の夢と挑戦を支援。 組織開発・人材育成・営業の改革で業績アップを実現します! 株式会社リンケージM.Iコンサルティング

  • YouTubeの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • Twitterの社会のアイコン
  • LinkedInの社会のアイコン