top of page

現実味を帯びてきたAIに仕事を奪われる人たち


弊社では積極的に「ChatGPT」の研究・運用をしている。 そのなかで体験してわかったことは、「ChatGPT」には無限の可能性があるということだ。AIが人間の仕事を奪うと言われているが、私は「積極的にAIに仕事を奪われたらいい」と思っている。むしろ、それを推進すべきだと。そこで今日は、AIに対するイメージについてわかりやすく解説する。

弊社は法人営業・高額商品営業の営業目標達成のコンサル会社なので、「ChatGPT」を使うのは、営業がメインで、時々、商品開発のアイデア発想で使う。 具体的には、「商談のトークスクリプト作成」」「商談のロープレの相手」「商品開発のアイデア発想」「SNSの投稿原稿作成」「メルマガのタイトル作成」「競合との比較など各種リサーチ」「コラム作成」「ランディングページの原稿作成」「セールスレターの原稿作成」「コーチング」「ミッションや経営理念の作成」「販売シミュレーション」「健全経営のチェックとアドバイス」など、多岐に渡っている。 さらには、商品のアイデア発想から具体的な商品概略と販売シミュレーション、社内向けの企画書の作成まで、一連の仕事が短時間で可能だ。 「ChatGPT」以外のAIを使えば、仕事の幅はもっと広がる。 「ChatGPT」が登場してわずか10ヶ月、弊社の仕事のやり方は大きく変わった。今まで時間がかかるので、躊躇していた仕事も「ChatGPT」を使うことでストレスなく取り組めるようになった。



「ChatGPT」に対する世間のイメージは、まだまだネガティブなものが多い。 これで思い出したのが、1000円の床屋が登場した時のことだ。既存の床屋や美容師は激安の床屋を笑っていた。「技術は下手だし、適当な仕事をやっているし、利益も少ないからいずれなくなるだろう」と。その後、どうなったかと言えば、既存の床屋の顧客が減り、廃業に追い込まれた床屋もある。



これと同じようなことが、「ChatGPT」にも当てはまる。

AIに仕事を奪われると言われて久しいが、特に「コンサルタント」「コーチ」「デザイナー」「イラストレーター」「カメラマン」「WEBサイト作成」「コピーライター」「セールスライター」「コラムニスト」などは危険な職種だ。しかし、これは氷山の一角でまだまだある。



先日、デザイン関係の人と話していたら、「ChatGPT」を使ったという。 反応は、かつての床屋や美容師と同じだった。「そこそこ使えるけど、まだまだ使えないな…」。恐らく、ほかの専門職の人も、「ChatGPT」を使うと、このような感想を述べるだろう。 確かに人間が作成した方がクオリティは高いのかもしれないが、注目すべきは、多くの人は最高の技術や品質など、求めていないということだ。そこそこの品質で、そこそこの価格でいい、という人が圧倒的に多い。

私は「ChatGPT」に最高の精度など求めてはいない。 富士山の山頂を目指すのに、8合目からスタートできるので楽になった程度にしか思っていない。

==========================================

■今まで3時間かかっていたものが3分でできる

■多数のアイデアの中から選択できるので、仕事の質が向上する

■1人でできなかった仕事でもChatGPTと組めば簡単にできる

==========================================

など、メリットが多い。 これは仕事革命以外のなにものでもない。 確かに、著作権やセキュリティの問題はあるが、いずれこれも解決に向かうものと考えている。 今、一番興味があるのは、中学生、高校生、大学生が「ChatGPT」をどう感じているのかだ。これに関しては、リサーチしたことがないのいで何とも言えないが、利用規制がかかっている学校もあるが、プライベートまでは規制できない。本音を知りたいところだ。 ●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:1回
bottom of page