理想の人材はここにいます!

人生100年時代に於ける仕事との関わりとはどのようなものでしょうか?

昔は60歳になれば定年を迎えるというレールがあったわかですが、

今は定年を延長していますので、一般的には65歳が定年の企業が多いようです。



ですが現実は、65歳以降も嘱託で働き続ける人も多くいます。

企業側も人材採用が思うようにいかないので、定年だからといって

退職してもらうわけにはいかないというのが本当のところです。



そこで今日は、中高年やシニアに仕事観についてわかりやすく解説します。



中高年やシニアという言葉を聞くと、自分が中高年なので何とも思いませんが、

若い人が聞くと概ねネガティブな意見が多いでしょう。

ネットで検索すると、中高年に関すると調査が多数掲載されています。



たとえば、50代以上の男女に行った調査では、

どの年代でも「あと10年仕事を続ける」がトップで、

就業年齢は上昇傾向にあることがわかります。



また、現在働いている人に「何歳まで仕事を続けたいか」と質問したところ、

50代は75%が「60代まで仕事を続ける」と回答しました。

60代では51%が「70代まで仕事を続ける」、

70代以上では53%が「80代以上まで仕事を続ける」と、

いずれの年代でも半数以上の人があと10年近く働きたいと考えていることが

わかりました。

いずれにせよ、働きたいという人が多くいるということは、いいことだと思います。



先日、84歳にして人材紹介ベンチャー「CEAFOM(シーフォーム)」を経営している

郡山史郎さんのインタビュー記事を読みました。

この記事の内容は中高年労働についてでした。



かつては、定年を迎えると「こんな仕事いやだ」「給料は下げたくない」と

考える人が多かったそうですが、

現在は「給料が安くてもいい」「仕事が面白い会社を希望したい」

と希望する人が多くなったと言います。



そして、ほとんどの中高年に共通する3つの特徴があります。

「安い」「休まない」「辞めない」です。



「安い」というのは、生活コストが抑えられるということで、

若い世代と比較するとシニアは生活が安定しています。

住宅ローンを返済して、子ども自立したので、必然的に支出が減ってきます。

若い人はファッションやレジャーなどにお金を使いますので、支出が高くなります…。



また、子育てにもお金がかかります。

ですから高い給料が必要です。

ですが60歳を過ぎると生活コストは減ってきます。

食べる量もお酒の量も減ります。



「休まない」というのは、やることが少なくなってくるので、仕事を休む必要が

なくなります。

若い頃と比べると行事やイベント、用事が圧倒的に少ないのです。



「辞めない」というのは、今勤めている仕事を辞めたら、再就職が難しいですから

すぐには辞めません。



郡山さんは中高年の特徴である「安い、休まない、辞めない」は現代企業が求める

理想の人材像であると言います。

中高年は見事に当てはまります。