top of page

目標未達を乗り切る4つの方法(動画編)

営業マンなら誰でもが経験のあることが「目標未達」です。 今月は残り数日なのに目標達成率は70%…。このような状況の際、あなたならどうしますか?そこで今日は、目標未達の大ピンチをどう乗り切るかについてわかりやすく解説します。



できることならば、このような状況になる前に手を打つべきですが、目先の仕事、たとえば納品やクレーム応対、提案書作成などに時間を取られると、純粋な営業活動がおろそかになります。また、人間ですからスランプに陥ることもあります。



このような状況になった時、営業マンの考え方は大きく2つに分けられます。

ひとつは、今月は目標達成がむりなので諦める。もうひとつは、最後まで諦めずに四方八方手を尽くす。あなたはどちらのタイプでしょうか。昔の私は前者のタイプでした…。残り数日で目標達成率が70%であれば、簡単に諦めていました。



しかし今は、一旦目標のことは忘れて、とにかく悪あがき(?)をします。

悪あがきをしても上手くとは限りませんが、負け癖をつけないためにもやるべきです。

これは営業マネジャーの仕事でもあります。部下を簡単に諦めさせないような工夫が必要です。



続きはYouTubeチャンネル「社長の大学」をご覧ください。 ↓↓↓↓↓↓↓

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

閲覧数:8回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page