社長と社員の溝、社長と社員の温度差


社長と社員の間には、大きな溝があります。

冷静に考えればわかりますが、社長は社員も自分と同じような考え方で、

同じように行動できると錯覚します。



そこで今日は、社長と社員の溝についてわかりやすく解説します。



今から15年も前のことになります。

あるクライアントの社長と話をしていると社員の話になりました。

その社長は創業者で、その業界で新潟県ナンバーワンになりました。



例に漏れずワンマン社長で、自分で戦略を考えて、

自分で行動して業績を伸ばしてきましたが、

ある時これでは社員が育たないと実感したそうです。



そこで社員へ権限移譲を始めました。

狙いは、自分で戦略を考えて、自分で行動すれば、モチベーションも高くなるし、

仕事に対するやり甲斐にも繋がると思いました。

社長は社員に任せて静観することにしました。



1年経ち、3年経ち、5年経ち、なかなか成果は出ません…。



社長が気づいた時には、自分の好きなように仕事をする社員ばかりに

なっていたというのです。

つまり、社長が社員に権限委譲したばかりに、社員は自由に仕事を始めたのです。



自由といえば聞こえは良いですが、自分やりやすいように、

自分のペースで仕事をやりました。

つまり、楽に仕事するようになったのです。

酸っぱく言う人がいなければ、人間そうなってしまいます…。



このように、社長は人に言われなくても自ら成果の出る仕事をやりますが、

社員はそうはいかないということです。

成果にフォーカスするのではなく、

いかにして自分に負荷がかからないようにできるかにフォーカスするのです。



すべての会社で、このようなことが起こるわけではありませんが、

権限移譲によって組織がガタガタになる可能性もあります。



さて、社長の考えている常識は、社員にとって非常識だということは数多くあります。

これが、社長と社員の溝になりますが3つの溝を紹介します。


===========================================================

【社長と社員の溝1】社長は自分のできることは社員もできると思っている。

 ですが社員は、まったくそうは思っていません。

 むしろ「社長と同じことができないから社員なんです」と思っています。

===========================================================

【社長と社員の溝2】社長はいいアイデアはすぐに実行した方がいいと思っている。

 ですが社員は、社長の根拠のない閃きで振り回されるのは迷惑だと思っています。

 せっかく立てていた計画が実行できなくなったり、変更になるので二度手間になります。

 社長は、朝令暮改が当たり前だと思っていますが、社員にとっては迷惑です…。

===========================================================

【社長と社員の溝3】社長は社員にも意見を聞いた方がいいと思っている。

 ですが社員は、意見を言っても採用した試しがありませんよねと思っています。

 意見は聞くが採用しないことが常態化すると、「あなたの会社なんだから社長が

 決めれば!」となります。

===========================================================



このように、社長と社員には大きな溝があります。

社員は声を大にして社長に言いませんが、このような不満や不平が

くすぶっているのが組織です。



これを解消するには、社長が社員との溝を理解することと、

社長が社員と同じ目線でコミュニケーションすることです。

当然、社員も社長との溝を理解することが重要です。

大切なことなのですが、社長と社員がこのようなことを話し合う機会がない

というのが現実です。




●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:9回

最新記事

すべて表示