top of page

社長と社員の溝、社長と社員の温度差(動画編)

社長と社員の間には、大きな溝があります。

冷静に考えればわかりますが、社長は社員も自分と同じような考え方で、

同じように行動できると錯覚します。



そこで今日は、社長と社員の溝についてわかりやすく解説します。



今から15年も前のことになります。

あるクライアントの社長と話をしていると社員の話になりました。

その社長は創業者で、その業界で新潟県ナンバーワンになりました。



例に漏れずワンマン社長で、自分で戦略を考えて、

自分で行動して業績を伸ばしてきましたが、

ある時これでは社員が育たないと実感したそうです。



そこで社員へ権限移譲を始めました。

狙いは、自分で戦略を考えて、自分で行動すれば、モチベーションも高くなるし、

仕事に対するやり甲斐にも繋がると思いました。

社長は社員に任せて静観することにしました。



1年経ち、3年経ち、5年経ち、なかなか成果は出ません…。



社長が気づいた時には、自分の好きなように仕事をする社員ばかりに

なっていたというのです。

つまり、社長が社員に権限委譲したばかりに、社員は自由に仕事を始めたのです。



自由といえば聞こえは良いですが、自分やりやすいように、

自分のペースで仕事をやりました。

つまり、楽に仕事するようになったのです。

酸っぱく言う人がいなければ、人間そうなってしまいます…。



このように、社長は人に言われなくても自ら成果の出る仕事をやりますが、

社員はそうはいかないということです。

成果にフォーカスするのではなく、

いかにして自分に負荷がかからないようにできるかにフォーカスするのです。



すべての会社で、このようなことが起こるわけではありませんが、

権限移譲によって組織がガタガタになる可能性もあります。



さて、社長の考えている常識は、社員にとって非常識だということは数多くあります。

これが、社長と社員の溝になりますが3つの溝を紹介します。



続きは動画をご覧ください。

●株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine


●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


●社長の大学LINE公式アカウント! 経営に関する質問ができます! フォローはこちら!

 https://lin.ee/11jNwF3be

閲覧数:13回

最新記事

すべて表示

法人営業のコンサルティングをおこなっていると、クライアント先の営業マンから質問されることがあります。そのなかでも多くの営業マンが気になっていることは、「商談の途中で顧客から金額を聞かれたらどうしたらいいのか?」という質問です。 通常商談は、顧客の現場を確認して、困りごとを明確にすることからはじめます。 次にその困りごとをほっとくと、どのようなリスクがあるのかを伝えたり、困りごとを解消したらどのよう

bottom of page