突っ張れてねーんだよ!限界まで締めろ!

最終更新: 2020年2月18日

世の中には、ユニークな会社があります。 たとえば、「面白法人カヤック」という会社です。 遊びなのか、仕事なのかよくわからないくらい、楽しいことをやっています。 ホームページの事業内容を見ると「日本的面白コンテンツ事業」と真面目に書いてあります。 これだけだと、何をやっている会社なのか見当もつきません。 ただ、コンテンツとありますから、IT系の事業でありそうだという予測は立ちます。 「VR部」 「ゲー宣部」 「地方創生(シティプロモーション」 「ソーシャルゲーム事業」 「ゲームコミュニティ事業」 「esports事業」 「ウェディング事業」 「葬儀事業(鎌倉自宅葬儀社)」 「住宅事業」

など、様々な部門があります。

特におもしろいのは、カヤックでは鎌倉に住み、鎌倉で働くことを推奨していることです。 たとえば、鎌倉や逗子などの開発拠点周辺に住み、鎌倉勤務の社員に対して家賃の一部を補助する「鎌倉住宅手当」。 カヤックでは不動産事業として「鎌倉R不動産」を運営しています。 鎌倉R不動産を通じて、社員が鎌倉周辺への移住を決めた場合、仲介手数料を割引する「鎌倉移住手当」。 さらには、鎌倉で働く人たちのために、鎌倉に拠点を置く企業・団体が合同で「まちの社員食堂」を運営しています。

採用や評価もユニークです。 カヤックでは全社員が人事部に所属し、「採用」「評価」「給与査定」に関わりながら、面白く働ける組織をつくっています。 自分のために自分が一緒に働きたい人を見つけてくる「ぜんいんで採用活動」。 社員が成長するための指摘・アドバイスを全社員が相互に行うことができる「ぜんいんで成長のためのフィードバックを実施」。 代表取締役への指摘を、新卒社員が行うこともできます。 これらはすべて社内で公開されています。 同職種の社員同士にて相互投票を半年に一度実施し、そのランキングと比例する形で月給の昇給額が決められる「ぜんいんで報酬を決定」。 給料日前に全社員がサイコロを振り、「基本給×(サイコロの出目)%」が、給与にプラスαされる「サイコロ給(運の要素)」などなど、ユニークな制度がいっぱいあります。

先日、大阪にある「平安伸銅工業株式会社」という会社を知りました。 この会社は、家庭日用品の企画開発をおこなっていますが、発案から40年、研究と改良を重ねた「突っ張り棒」と「突っ張り棚」がメイン商品です。

ホームセンターでよく見かける商品です。 現在、創業者の孫に当たる「竹内香予子さん」が社長を務めています。 ユニークなのは社長の竹内さんが、つっぱり棒博士として、出版やセミナーも行っていることです。 たかが突っ張り棒、されど突っ張り棒なのです。 突っ張り棒の活用法を「つっぱり棒でお部屋が変わる」「つっぱり棒の便利ワザ」などの著書、そしてセミナーで伝えています。

さらに、こんな企画も! =========================================================== 約9割の人が間違った突っ張り棒の使い方をしている(自社調べ) 現状に、突っ張り棒の業界トップシェアメーカー「平安伸銅工業」の竹内香予子社長が、ブチギレた! 「正しい突っ張り棒の使い方」を徹底的に叩き込むため、2019年5月15日~2019年5月末まで、ホームセンターのダイキなんば店(全9種類掲載)、DCMカーマ一部店舗の突っ張り棒売り場を占拠! =========================================================== ということで、ホームセンターにこんなポスターを展示して、売場を占拠したそうです。 楽しい企画はどんどんやってほしいですね!



●企業の夢と挑戦を支援して業績アップを実現する

 株式会社リンケージM.Iコンサルティングのオフィシャルメルマガの登録はこちら。  

 https://www.linkagemic.com/mailmagazine

●YouTube「商いは門門チャンネル」の登録はこちら。                   

 https://www.youtube.com/channel/UCPtBCiFhkj1lkaurZsoz64g/?sub_confirmation=1


3回の閲覧

最新記事

すべて表示

営業成績を伸ばす手っ取り早い方法!(動画編)

「営業力とは何か?」と、質問されて即座に答えられる人は稀でしょう。 そこで今日は、営業力についてわかりやすく解説します。 営業に関わらず仕事は何でもそうですが、「量」と「質」があります。 営業力とはズバリ「営業量×営業の質」です。 これに異論を唱える人はいないでしょう。 早い話が、営業量を増やせば営業成績は伸びます。 また、営業の質を上げれば、同じく営業成績は伸びます。 さらに、営業量と営業の質の